本当にあった電柱設置問題!実体験した対処法を教えます




住宅

今回は我が家が遭遇した電柱設置場所の問題について紹介します。

・マイホームを建てるために土地を探している人
・購入した土地に電柱があり移動したい人

そんな同じ悩みを持っている人向けに情報を配信しています

 

一生に一度の高額な買い物なので
後悔したくないですよね

 

でも実際に同じ問題に遭遇した時に
どのように対処していいのかわからないことも多いです

 

私も実際に対処した時は何もわからず
調べて、知っていそうな人に連絡をするなどの
対処しました。

 

少しでもこの記事を読んでもらって助けになったら幸いです

 

それでは、早速スタートします




そもそも電柱って移動できるの?

結論から言うと「移動は可能」です
ただし、設置できない場所もありますので

 

そこは電力会社と綿密に連絡をとり
認識違いがないようにしましょう。

 

せっかく気に入った土地があったのに土地内に電柱がありそれが邪魔になるような位置にあったら嫌ですよね?

我が家も駐車スペースにする予定の場所に電柱が1本あり車を駐車するときに誤ってぶつけてしまうんじゃないかとか景観が悪くなるなどのデメリットがありました。

できれば邪魔にならない位置に移動したいと考える人も多いと思います。

そんな電柱ですが、移動はできます。

電柱を移動してもらうためにやったこと

我が家の場合は一条工務店の営業の方が仲介に入ってもらい東京電力とやりとりをしました。

まずは自分たちがどうしたいのかを伝えます。

 

電柱の今ある位置から移動させたいのと細いものを設置して欲しいです

 
 

まずは現場確認と設計検討をさせてください

 

東京電力もまずは実際の現場状況と設計検討が必要とのことでまずは検討してもらうことにしました。

東京電力とやりとりをした2ヶ月後ぐらいに

 

検討した結果、電柱の移動と太さを細くすることが可能です。設計図を送りますのでご覧いただき問題がなければ承諾書にサインをください。

 

と連絡が来て承諾書は一条工務店の営業の方に送付したとのことで図面を確認してサインをしました。そのときに見た図面は電柱の太さの寸法が書いてなかったので確認してみたところ少し出っ張る太さぐらいの細さになるとのことでまぁ〜許せる範囲だったので承諾書にサインしました。

その後、工事を行う時期を教えてもらい、作業が終われば完了すると思いほっとしていました。

並行して家の建築が始まっていたので定期的に様子を見に行ってました。そして、電柱工事も終わったとの連絡を受けたので家の様子を見るついでに電柱の設置状況を確認したところ

おぉ〜、電柱の位置が変わって!!ん?でも待てよ!電柱が前よりか太くなっていないか?

ということで東京電力に確認してみました。

 

あの〜、電柱の移動をしてもらったので現場確認をしてみたのですが、位置は問題ないのですが電柱が太くなったような気がするのですが・・・

 
 

工事車両の空き状況の関係で通常の太さの電柱を設置しました。

 
 

ん?私の要望は電柱の位置と太さを細くしてくださいとお願いしたはずです。電柱を細くできると伺っているのに太くなっているというのは約束と違いますよ。

 
 

わかりました。再度、設計検討をさせてください。

 

再度検討をしてもらって同じように設計図をもらいました。そのときには設計図に電柱の太さも記載してもらうようにして内容をしっかりと把握して承諾書にサインをしました。

結局、一番最初に設置されていた電柱の太さより半分の太さになり出っ張り部分もなくなり車を駐車するときに全く気にならない位置に移動することができました。

一条工務店の営業の方も対応がよく、本来であれば関係ないところも迅速に対応をしてもらいました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は我が家が経験した電柱問題に対しての対処法について紹介をしました。何を行なったかというと

1. 移動したい場所や電柱を細くしてもらうように要望を伝える

2. 東京電力から送付される図面の確認、承諾書のサインをする

3. 現場確認をして希望通りに工事が完了しているのか確認をする。

1回で要望通りに工事まで完了すればいいのですが、我が家みたいに再工事する場合もあります。納得いくまで東京電力とは話をして対応をしてもらいましょう。

工事をしてもらったお金などは一切かかりませんのでご安心を。ただ、労力がかかりますが夢のマイホームのためと思い何事にもぶつかっていきましょう。

それから、電柱の移動は家が建つ前、外構工事が終わる前までに完了しておくことをお勧めします。特に外構工事が終わってからだと、せっかく外構工事が終わったのに電柱移動をするために一部、壊さないといけない可能性があるからです。

それでは、また。

この記事を書いた人

しょうしーど
しょうしーど
33歳の2児のパパです。
9年目サラリーマンの仕事術や育児、キャンプに関する情報を配信しています。
本業と副業を両立しながら家族を幸せにする計画を実行中です。

将来の収益化に向け、日々Webビジネスを独学で勉強中です。
ぜひ、皆さんと一緒に成長していく仲間を募集してます!一緒に切磋琢磨していきませんか?

コメント