経験ゼロから独学でWebデザインのスキルを習得し、副業としてできるようになったプロセスを紹介




副業

未経験でWebデザインのスキルを身につけるにはどうすればいい?

独学で勉強していきたいけど何をすればいいの?

最近では副業を許可する企業も増えてきて、もっと収入を増やしたい、スキルアップしたいという方が副業を始めていますが、副業やフリーランスの仕事の中でも人気なのがWebデザインです

Webデザインは副業の中でも単価が高く設定されており、パソコンとインターネット環境があれば比較的始めやすいと多くの方がスキルを身につけようと始める方がいます。しかし、Webデザインのスキルがない人にとってみれば未経験でスキルを身につけていかなければなりません。

スキルを身につけるために独学やスクールでWebデザインを学ぶ人が増加していますが、スクールは高いし、時間がなくて通う事ができない、独学で勉強しようにもどうすればいいのかわからないことも多いですよね。

そこで、この記事では未経験者がWebデザインに必要なスキルを独学で勉強をして、案件獲得ができたプロセスについてご紹介していきます。

未経験者が稼ぐのは無理だと思われがちなWebデザインですが、スキルをつけるための学習方法や案件受注の手段が増えたことによって、初心者でも副業を始めることは可能です。

この記事を読む事で独学でWebデザインに必要なスキルを身につける方法が理解でき、副業として成り立たせるまでのプロセスがわかるようになります。

この記事は以下の内容を書いています
  • 未経験者がWebデザインのスキルを身につけていく方法
  • Web制作を副業として稼ぐ方法
  • 独学でWebデザインのスキルを習得するコツ

それでは、早速、解説をスタートしていきます!

※この記事の作成者

ブログ歴2年1ヶ月、副業歴1年
現在はブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。今まで経験したきたことを(仕事、副業、キャンプ、育児)を中心に記事を更新しています。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




なぜ、副業でWebデザインのスキルを身につけようと思ったのか

私自身、本業ではWebデザインに必要なスキルを全く使わない仕事をしていて、Webデザインを行うこと自体が副業を始めてからです。

そんな私でも、いちから勉強を始め副業でWebデザインの案件を受注できるようになっています。しかし、そもそもなんで副業でWebデザインを行おうと思ったのかご紹介します。

Webデザインに興味があった

まず、最初の理由は「Webデザインに興味があった」からです。

今の時代、IT化が進み、プログラミングの需要が増えてきていますが、エンジニアの人手が不足しているため自分が参入し、仕事を得るチャンスがあるんじゃないかと思ったからです。

さらに、副業として始めるなら自宅で出来ることを条件に探していたので、私が考える副業を行う環境としてマッチするのがWebデザインでした。

正直なところ、スキルがなく興味だけでどうにかなるものでもないですが、しっかりと基礎知識を身につけてスキルをつけていけばどうにかなると思っていました。

ただ、実際にスキルを習得するまではとても苦労しましたが、それ以上に新たなスキルが身についたことは嬉しかったですし、大きな収穫です。

Webデザインは成果が見えやすい

次に、「Webデザインは成果が見えやすい事」です。

コードを入力していくと自分の好きなようにコードを構成する事ができ、構築していった分だけ目に見えて変化をしていきます。

自分の考えていた事が自由に構築できる楽しみは他ではなかなか味わう事ができないので楽しいです。

色々とやっていくと覚える事はたくさんありますが、その分自分ができる範囲も広がるので確実にスキルアップを実感できます。

Webデザイン関連の仕事は単価が高い

副業の平均月収は4万7455円という調査結果があり、さらに、副業者のおよそ8割が月3万円未満の副収入であることもわかっています

Webデザインの案件を受注する手段としては、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトや長期契約ができるフリーランスエージェントがメインになってきます。

比較的、簡単なWebデザイン案件でも一件、3〜5万円程度の案件がたくさんあり、初心者でも応募OKなどの条件もついています。

そのため、案件1件で副業平均収入を超える可能性が十分ありますが、いきなりそんな高額な案件を受注するのは躊躇するかもしれません。

その為にも、しっかりとWebデザインのスキルを身につけて自信を持ってできるところまでスキルアップしていく必要があります

独学でWebデザインのスキルを習得したプロセスとは!

ここまでWebデザインの副業を始めた理由について紹介をしてきましたが、理由は人それぞれなので、一例として捉えていただければと嬉しいです。

さて、ここからが本題になります。

未経験の私自身も実践してWebデザインに必要なスキルを習得したプロセスについて詳しく解説をしていきますが、私がWebデザインのスキルを習得するために行ったのが、以下の3つです。

  • Webデザインに必要な基礎知識を身につける
  • YouTubeで実践している動画を見る
  • サイトの模写をたくさんする

以上、3つのことをやっていきました!それでは1つずつ解説をしていきます。

Webデザインに必要な基礎知識を身につける

まずはWebサイトの仕組みを理解していくことから始めます。ホームページがどのような仕組みで制作されているのか、画像や文字、動きがあるサイトはどんな言語で構成されているのか理解する必要があります。

Webサイトの制作をするのにまず勉強すべきなのが『HTMLやCSS』です。私自身も基礎知識がない状態だったので、操作方法やコーディングの意味、アプリの導入方法などが解説してある参考書を読みました。

正直に言うと、私自身、様々あるWebサイトがHTMLやCSSでJavaScriptなどいろんな言語が利用されて作成されていることをこの時に初めて知りましたし、CSSという言葉を初めて聞いたほどの未経験者です。

そのため、全くWebデザインの仕事内容が分かっていなかったことを実感しています。

参考書を購入して勉強した理由として、インターネットで探せばWebデザインになる情報が配信されていますが、数多くあるサイトから正しい情報もあれば、古い情報、間違った情報も混在している可能性があります。また、人によってやり方も変わってくると思ったので、まずは参考書を参考にする事で1人の人から正しい情報を一貫性のやり方で学んだ方が混乱が少ないと思い参考書で勉強することを選びました。

まずはホームページがどうやってできているかのか基本中の基本を理解してからいろんなスキル・知識を身につける事を心がけていました。

実際に私が利用した参考書でおすすめしたい本は以下です。

1冊ですべて身に付くHTML&CSSとWebデザイン入門講座

Web関連の情報やデザインが体系的に学ぶことができる「Webクリエイターボックス』の管理人「Mana」によるHTML & CSSとWebデザインが学べる本

一番売れている本で、シリーズ27万部突破の大ヒット!

実際に手を動かしながら1つのサイトを作ることができるので実践向けでもあり、初心者にもわかりやすい本となっています。

プログラミング独学中です。
本書を参考に少しずつ学習に取り組んでいます。
コードはダウンロードできますが、自分の手で一から入力しています。
女性が好みそうなオシャレなウェブサイトが作れると思います。

引用:楽天

口コミでも独学で学んでいる人が使っている声が多かったです。

Web制作者のためのSassの教科書


次に紹介するのが「Sass(サス)の教科書」です。

SassはCSSよりも効率的にコーディングすることができて、コーディング数も少なくなるため、Web制作時間の短縮化ができる言語です。この本はそんなSassのひと通りの機能を使いこなせるようになることができる本となっています。

CSSをHTMLの構造に合わせて入れ子で書いていく「ネスト」や、便利な「変数」や「演算」などのSassの基本機能はもちろん、筆者が実際に仕事の現場で使っている実践的なテクニックまで、この一冊で網羅しています。

Sassについて詳しく書いてあった。Sassに関してはprogateで少し触れた程度だったが、こちらの本には詳しくSassのインストール方法からnpmやgulpに関して、また関数などについても書いてあったのでSassを勉強するのにおすすめの本。

引用:楽天

インストール方法から様々な手法まで書かれているため、すぐにSassを使いこなすことができるでしょう!

参考書以外にもおすすめなのが無料で始められるオンライン教材です。特にお勧めしたいのが「Progate」と「ドットインストール」です。

  • Progate
    イラストを中心にした「スライド学習」で初心者でもスムーズに学ぶことが可能です。
  • ドットインストール
    3分の動画で学習ができて、隙間時間を利用して学ぶことができます。スマホでも視聴が可能!

無料で、できる範囲は限られますが、Webサイトを制作するための基礎はわかるようになるので、まずは両方登録してやってみることをお勧めします。

YouTubeで実践している動画を見る

次に行ったのが、YouTubeで簡易的なサイトを1から制作していく様子をまとめた動画を視聴しました

現役のエンジニアによるサイト制作は各コードがどのような役割をしているのか、コーディングしていくときの注意点が目で見れて変化がわかる内容の動画が配信されていたので、視聴しました。

やはり現役エンジニアのコーディングとあって様々手法が見れますし、無料で実践に近い勉強ができたのは大きな収穫です。

動画視聴している中でもSass、JavaScript、Bootstrap、jQuery などの新しい言語、デザインをするのに必要なIllustrator、Photoshop、AdobeXDなどのツールが出てきたので必要に応じて参考書を買って併用することで多くの知識を得ることができています。

模写や自作ホームページをたくさん制作する

参考書で得た基礎知識と動画で学んだ実践系に近いコーディング技術を理解できたところで、よりスキルアップをする為に行うのが模写や自作ホームページを制作することです。

模写はあるサイトを参考に同じものを作っていく作業のことで、見本があるので文字や図の配置などの検討はしないで、コーディングに集中する事が出来ます。

一方の自作ホームページの作成は自分でデザインや写真、文字などの全てを一から考え、実務に近い流れで制作をしていくやり方です。

少し、難易度が上がる方法ですが、実務になれば当たり前のように行う流れですので、自作のホームページを制作することを是非行ってみましょう。

それでももし、自作でデザインが浮かばない方におすすめなのが「フリーホームページ.net」と「Codestep」です。

  • フリーホームページ.net
    完全無料で商用利用も可能なレスポンシブ対応のWebサイトを制作することができます。
  • Codestep
    ジャンルやレベルに合わせて実践的なWebサイトの制作スキルが身に付きます。

どちらのサイトもレイアウトを考える力コーディングスキルが身に付くので是非、模写を行う際は活用していきましょう

Webデザインの独学が難しいと感じたならスクールも検討してみよう

Webデザインは、パソコンやインターネット環境が準備できれば、初期コストも最低限に誰でも簡単に学習が始められます。

しかし、Webデザインで稼ぐレベルになるまでには、実績を含めた一定のWebデザインのスキルが必要になってきます。

いざ、独学でスキルを身につけようと思ったけど「独学で学んでいくには厳しいなと感じた場合には、スクールの利用を検討するのがよいでしょう。

おすすめのスクールを「Webデザイナーを目指している人におすすめなスクール7選!」でも紹介しているので是非、参考にしてみてください。

Webデザインの副業を始める上で、スキル取得だけでなく事前の準備が必要になりますので「未経験者がWeb制作の副業を始めるための方法を解説!」を是非、参考にしてみてください

スクール選びで悩んでいる方は「スクマド」に相談してみる

スクールに通ってみることを検討してみるも、講義内容や目指しているものなどがバラバラで自分に合っているスクールを探すことができないと悩んでいる方に「スクマド」で一緒に自分に合うスクールを探してもらいましょう。

スクマドではサービス完全無料で、お客様満足度97%の「かしこく、失敗しないスクール選び」を専任のカウンセラーがマンツーマンで理想のスクール選びをサポートしてくれます。

プログラミング、マーケティング、デザインなど様々なジャンルに対応しており100以上のプランから本当に必要なプランを比較・検討することができます。

さらにスクマド限定プランやオリジナルキャンペーンで通常よりも平均して20%もお得に受講することが可能!スクールが決まって後もサポートをしてくれるので、確実にスキルアップすることができるでしょう。

スクール選びで失敗したくない。後悔したくない!確実にスキルアップできるようにまずは無料のカウンセリングを予約してみることを検討してみてください。カウンセリングはオンラインでも可能なのです。

@Sho_Ceed

この記事を書いた人

しょうしーど
しょうしーど
33歳の2児のパパです。
9年目サラリーマンの仕事術や育児、キャンプに関する情報を配信しています。
本業と副業を両立しながら家族を幸せにする計画を実行中です。

将来の収益化に向け、日々Webビジネスを独学で勉強中です。
ぜひ、皆さんと一緒に成長していく仲間を募集してます!一緒に切磋琢磨していきませんか?

コメント