副業Web制作に求められるスキルとは?これだけは持っておきたいスキルを紹介!

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

Web制作

副業Web制作に必要なスキルを知りたい

自分に不足しているスキルは何か理解したい

新しいスキルを身につけたい

副業でWeb制作をしていると様々な事を自分でおこなっていかなければいけません。

そこで、この記事では副業でWeb制作を行なっている方に向けて、Web制作に必要なスキルが何かを詳しく解説をしていきます。

この記事を読む事で、必要なスキルやスキルを習得するための方法などがわかるようになります。

副業だけでなく、これからWeb制作をメインにやっていこうと考えている方も役に立つ記事となっています。是非、参考にしてみてください。

この記事は以下の内容を書いています
  • Web制作のメリットやデメリット
  • 必要なスキルや最新のトレンド
  • Web制作のスキルを習得する方法
この記事を読むメリット
  • Web制作の業種や副業Web制作として活躍する方法が見つかる
  • 自分に不足している知識が理解でき、勉強の方向性が明確になる
  • これからWeb制作として稼ぐ力を身につけたい人向けに解説している

それでは、早速スタートします。

※この記事の作成者

ブログ歴3年6ヶ月副業歴2年5ヶ月
現在は仕事や副業に関するブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




Web制作の種類とは?

最近ではインターネットの普及が進み、私達の生活になくてはならないものになってきました。Web制作は非常に多様な分野であり、幅広いスキルを活かすことができる分野です。

以下5つのWeb制作の仕事の種類について詳しく解説します。

  • フロントエンド開発
  • バックエンド開発
  • デザイン
  • ユーザーエクスペリエンス(UX)
  • インターネットマーケティング

それでは、順番に解説をしていきます。

フロントエンド開発

まず、1つ目がフロントエンド開発の仕事についてです。

フロントエンド開発は、ウェブサイトやアプリケーションのユーザーが直接触れる部分を制作する分野です。

使用する言語はHTML、CSS、JavaScriptを使用して、ウェブページのレイアウト、デザイン、インタラクティブな要素を担当します。

そのため、さまざまなデバイスに対応したレスポンシブデザインやアニメーションの実装できるスキルが求められます。

さらに、デザインはWebデザイナーに任せる場合もあればフロントエンドエンジニアに任せるという企業もあるためPhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトのスキルを持っておくといいです。

バックエンド開発

バックエンド開発は、ウェブサイトやアプリケーションの裏側で動作するサーバーサイドのプログラムを制作する分野です。

データベースの設計、APIの開発、セキュリティ対策などが含まれます。

使用する言語はJava、Ruby、PHPなどのプログラミング言語を使い、データの処理や動的なコンテンツの作業を行います。

バックエンドはプログラムの開発から、Webサーバーやデータベースの導入・構築・運用まで、システム全般をカバーする役割を行うことが多く、システム構築に関わるすべての領域のスキルが求められます。

デザイン

デザインは、ウェブサイトやアプリケーションのビジュアル面を担当する分野です。

カラースキーム、レイアウト、アイコン、画像編集などを行い、ユーザーに魅力的なデザインにしたサイトを構築していきます。

PhotoshopやIllustrator、Adobe XD、Sketch、Figmaといったデザインツールの活用やユーザーエクスペリエンス(UX)の考慮が重要となってきます。

依頼案件の中には「〇〇のようなデザインにしてほしい」「かっこいい感じ、かわいい感じにしてほしい」などと漠然とした依頼もあったりします。

そのため、自身のデザイン力を養うためにも良いデザインがされているWebサイト・ホームページを見て勉強をしておくことをおすすめします。

ユーザーエクスペリエンス(UX)

ユーザーエクスペリエンスは、ユーザーが製品やサービスを使う際に得る総合的な体験のことを指します。

ウェブサイトやアプリケーションの場合、ユーザーエクスペリエンスはサイトの使いやすさや満足度に影響を与えます。

良好なユーザーエクスペリエンスは、ユーザーが目的を達成しやすく、快適にウェブサイトを利用できることができます。

ユーザーのニーズや行動を分析し、ユーザーがスムーズに操作できるようなインターフェースを設計していきます。

インターネットマーケティング

インターネットマーケティングはウェブサイトのSEO対策やデジタルマーケティング活動もWeb制作に関連する重要なスキルの1つです。

ウェブサイトの集客やオンラインプレゼンスの向上を目指します。

Web制作といっても分野は相互に関連しており、スキルアップすることでより幅広いプロジェクトに携わることができます。

また、新しい技術やツールが常に登場しているため、学び続けることで自身のスキルを向上させることができます。

Web制作は創造性と技術を融合させる面白くやりがいのある分野ですので、興味を持ってスキルアップしていくことをおすすめします。

副業としてWeb制作をするメリット

ここからは副業でWeb制作を行うメリットは、以下4つです

  • 時間を柔軟に使える
  • 追加収入を得ることができる
  • スキルアップとキャリアアップができる
  • クリエイティブな活動ができる

それぞれ、詳しく解説をしていきます。

時間を柔軟に使える

まず一つ目のメリットは「時間を柔軟に使える」ことです。

Web制作はオンラインで行える仕事のため、時間と場所に制約されずに仕事を行えます。本業と両立させながら、自分のペースで作業を進められるのが大きな特徴です。

副業でWeb制作を行う場合は特に、自分のスケジュールを自由に調整できることがとても大切で、本業以外の時間にやると平日は夜に、土日もライフスタイルに合わせた働き方をすることになります。

そのため、時間を柔軟に使えるWeb制作は副業に適したジャンルとなります。

追加収入を得ることができる

Web制作のスキルを活かして、副業としてウェブサイトやアプリケーションの制作を受注することで、追加の収入を得ることができます。

クライアントの依頼を受けることで、本業だけでは得られない収入を得られます。これにより、貯蓄の増加や趣味に使う余裕を持つことができるでしょう。

始めたばかりの時は主にクラウドソーシングサイトを利用して案件を獲得し、信頼度の向上やスキルアップをしていきます。

そして、ある程度、副業での実績を積めたら、さらなる追加収入を得るためにエージェントを利用して案件を獲得していくといいでしょう。

スキルアップとキャリアアップができる

副業でWeb制作を行うことで、自身のスキルアップが図れます

新しいテクノロジーやトレンドを学びながら、自己成長を促進することができます。

また、プロジェクトごとに様々なクライアントとのコミュニケーションがあり、プロフェッショナルなスキルやクライアント対応の能力も向上します。

これらのスキルは、将来的に本業や他の仕事にも活かすことができます。

クリエイティブな活動ができる

Web制作は創造性を発揮する仕事であり、デザインやコーディングにおいて自由なアイデアを取り入れることができます。

完成したウェブサイトやアプリケーションが公開されると、クリエイティブな活動の成果を実感することができ、やりがいを得られるでしょう。

クリエイティブな活動を楽しみながら収益を得ることができるのは、副業としてWeb制作を選ぶ魅力の一つです。

SEOとパフォーマンスの最適化

Web制作ではSEOを意識した制作やサイト自体のパフォーマンスの最適化をしていきます。

そんなSEOとパフォーマンスの最適化について簡単に解説をしていきます

SEOとは?

SEOは、Webサイトを検索エンジンの検索結果で上位に表示させるための技術や戦略のことです。

人々が検索するキーワードを調査し、適切なキーワードをコンテンツに組み込むことが重要です。

タイトルタグ、メタデスクリプション、URLなどのメタデータを適切に設定することで、検索エンジンの理解を助けます。

そのため、ユーザーに価値ある情報を提供する高品質なコンテンツを作成していく必要があります

信頼性のあるサイトからのバックリンクを獲得することでランキング向上に役立ちます。

パフォーマンスの最適化とは?

Webサイトのパフォーマンス向上は、ユーザーエクスペリエンスとSEOに直結する重要な要素です。

ブラウザキャッシュを使用して再訪問時のロード時間を短縮します。

これにより、ウェブサーバーやデータベースのレスポンスタイムを改善し、高速なページロードを実現します。

さらに、最近ではパソコンよりスマホでサイトを閲覧する方が増えてきているためモバイルデバイスでの快適な閲覧を実現するレスポンシブデザインを採用していくとより、パフォーマンスの最適化につながります。

Web制作に必要なスキルとは?

ここからはWeb制作に必要なスキルをご紹介していきます。

スキルを多く習得すれば、仕事の範囲も格段に増えるので、是非身に付けていきましょう!

HTML /CSSなどのプログラミングスキル

Web制作はHTMLやCSSなどのWebサイトを作るために必要な言語です。

Webサイトを制作する上でたくさんの言語やスキルを身につける必要があります。

全てをすぐに身につける必要はなく、一つずつ学んでいけば習得できます。まずはHTMLとCSSのスキルを身につけていきましょう。

以下の記事では、Web制作をするために必要なスキルや未経験からスキルを身につける方法を詳しく解説をしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

セキュリティ体制

Webサイトは多くの場合、個人情報や機密データを取り扱います

これらの情報が漏洩したり、不正アクセスされると、ユーザーの信頼を失い、法的な問題にも発展する可能性があります。

サイバー攻撃や不正なアクセスを防ぐためには、セキュリティ対策が欠かせません。

また、ハッキングやデータ侵害のリスクを最小限に抑えることが重要になってきます。

そのため、セキュリティ体制を整えて、ユーザーに安心感を与えるためにも考慮し、知識として身につけておきたい項目です。

プライバシー保護

Webサイトはユーザーから個人情報を収集する場合があります。

ユーザーの個人情報はそのまま信頼性やブランドの評判に直結します。

個人情報保護に違反すると、プライバシー侵害として法的な責任を問われる可能性があります。

プライバシーポリシーの遵守は法的な要件としても重要です。

プライバシー保護対策が不十分な場合、ウェブサイトがハッキングされたり、個人情報が漏洩したりする可能性が高まります。

これによりブランドの信頼性が損なわれる可能性があります。

ブランドの信頼性が低下してしまうと、元に戻すには相当の時間がかかります。このようなことが起こらないためにも日頃からプライバシー保護に気をつけておきましょう!

Web制作のトレンドと将来性

Web制作の現在のトレンドと将来の動向について解説いたします。

現在のWeb制作のトレンド

まずは、現在のWeb制作のトレンドについてです。

現在はユーザーの多くがスマホやタブレットを利用しているため、モバイルファーストデザインが重要視されています。

そのため、レスポンシブデザインやモバイル最適化が一般的となっています。

その他にもVRやARを活用したコンテンツや体験が増加しており、より没入型のインタラクティブなウェブ体験が求められています。

Web制作の将来性

次にWeb制作の将来性についてです。

AIや自動化の進化により、コンテンツ生成、カスタマーサポート、パーソナライゼーションなどで自動化が増えると予想されています。

さらに、動きのあるデザインが一層重要視され、より複雑なアニメーションなどが採用される可能性があります。

そのため様々なユーザーに配慮したWebサイトが求められるようになり、Web制作者もそれに対応したスキルを持っておく必要があります。

Web制作の市場動向

最後にWeb制作の市場動向についてです。

近年、インターネットの急速な発展により、さまざまな業界でWeb制作を行える人材が必要とされています。

※引用:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」

経済産業省が公表した「IT人材需給に関する調査」によると、IT関連市場は規模の拡大に伴い、2018年から2030年まで、IT人材の必要数が年々増加すると予測されています。

しかし、Web制作などを行えるスキルを持つ人材は不足しており、需要に対して供給がまったく追いつかず、2030年には最大約79万人のIT人材が不足する見込みです。

IT人材の不足の理由は以下の通りです。

  • IT需要の拡大
  • 労働人口の減少
  • IT技術の進展による需要構造の変化

少子高齢化により、日本の労働人口が減少している一方で、IT業界は進化を続けており、優秀な人材が必要となっています。

Web制作に求められるスキル:まとめ

Web制作において、幅広いスキルが求められています。

フロントエンド開発からバックエンド開発、デザイン、セキュリティ、プライバシー保護まで、多岐にわたる知識とスキルが必要です。

そして、Web制作は絶えず変化する分野です。継続的な学習と実践を通じて、魅力的で機能的なウェブサイトを制作していきましょう!

自身のスキルを発展させ、新たなチャレンジに向けて積極的に取り組むことをおすすめします。

@Sho_Ceed

コメント