Web制作を独学で学び副業として稼げるまでの道のり




仕事

独学でWeb制作ができるスキルを身につけたい

スクールに通う時間がないから独学でやりたい

独学で学ぶには何をすればいいの?

今ではWeb制作のスキルを習得する為にオンラインや通学型のプログラミングスクールが登場しています。

しかし、仕事や子育てをしていて、決まった時間が作れず、スクールに通えない方やオンラインスクールを受講できない人も多いのではないでしょうか

そこで、この記事ではWeb制作ができるスキルを独学で習得していく道のりを詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、Web制作を独学で学ぶ方法がわかり、スキルの習得方法がわかります。Web制作に必要スキルを身につけて副業、フリーランスとして活動をしていくことを目指して頑張っていきましょう!

この記事は以下の内容を書いています
  • 独学でWeb制作を学ぶ方法
  • Web制作スキルを習得する方法
  • フリーランスWeb制作者として活躍する方法

それでは、早速スタートします。

※この記事の作成者

ブログ歴2年1ヶ月、副業歴1年
現在はブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。今まで経験したきたことを(仕事、副業、キャンプ、育児)を中心に記事を更新しています。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




Web制作を独学で学ぶ道のり

最近、web制作で稼ぐ人やスクールが沢山、増えていることをご存知ですか?

スキルを習得する為にスクールなどに通おうと考える人も多いですが、Web制作であれば独学で勉強してスキルを習得して、稼げるようなるのは可能です。

副業やフリーランスで挑戦する人や転職や就職で新たなスキルを身につける人など様々です。まわりにやっている人がいないとできない、全部教えてほしいという人はスクールや学校に行くことをおすすめしますが、中にはスクール通う時間が取れない人もいます。

スクールでも、独学でも自分ができるかどうかなので、やる気のある人はぜひ低コストで勉強できる独学で挑戦してみてください。

さて、いざ独学でWeb制作のスキルを習得していくにあたって、必要なものを揃えていかなくてはいけません。まずはWeb制作でアイテム必要なアイテムを紹介していきます。

Web制作を学んでいくのに必要なものとは?

web制作をするのに必ず必要なものは以下です。

  • パソコン
  • インターネット環境

まずWeb制作を行う上での必須アイテムが「パソコン」です。そして次に必要なのが「インターネット環境」


正直いうと「パソコン」と「インタネット環境」さえあれば、それだけで学ぶ事が可能です

ただ、パソコンといっても大きく分けて2種類あって「Windows」と「Mac」があり、どちらを購入すればいいのか悩みますよね。

これは人によって使い勝手や好みがあると思いますが、私、個人としてはMacを選択することをおすすめします。

理由としてはWebエンジニアがほぼMacを使っています

Web制作から初めてホームページを制作したり、スマホアプリを作ったりと開発者みんながMac使用率が高いので、制作を進めていく上で、操作方法や使い方を合わせたほうが都合がいいです。

不具合が出た際にMacの人が多いので周りに聞きやすい、ネットで調べても同じ状況になっている人を見つけやすく問題解決がしやすいメリットがある為です。

Web制作を副業として稼ぐための道のり

Web制作といっても、デザインを考えたり」、「デザインされたものをコーディングする」作業だったりと大きく分けて2種類あります

どちらもスクールに通わないで、独学でも学ぶことができますが、まずは自分がどちらが得意なのか見極めていきましょう!

デザインが得意だけど、コーディングは苦手だな」という方や、「デザインはできないけどコーディングならできそうだ」という方、もしくは「どっちもできるぞ!」という方でも副業やフリーランスで稼ぐことができるでしょう

Web制作をコーディングで稼ぐ為の準備

まずは、Web制作を独学で学びコーディングで稼げるようになるまでの道のりを解説していきますが、ステップとして6つのステップがあります。

HTMLやCSSなどの基礎知識を身につける

コーディングで副業、フリーランスをやっていくには、Webサイトをデザイン通りに作っていく必要があります。

まずは、動きのないサイトが作れるようになる為にHTMLとCSSを理解してデザイン通りにサイトを作れるようになりましょう

HTML:テキストボックス、文字、表、画像、リンクなど、WEBサイトに必要な部品を配置するための言語

CSS:Webページの見た目を整えるための言語。ユーザにとって見やすい、わかりやすいサイトを制作することができます。


基礎を学ぶには、「Progate」と「ドットインストール」がおすすめです。

  • Progate
    イラストを中心にした「スライド学習」で初心者でもスムーズに学ぶことが可能です。
  • ドットインストール
    3分の動画で学習ができて、隙間時間を利用して学ぶことができます。スマホでも視聴が可能!

はじめは基礎でやっていてもあまり面白くないかもしれませんが、この基礎が大事になってきます。全体の把握とコードの基礎を固めていく為に、こんな感じなんだ!と思ってもらうぐらいでもいいのでしっかりと学んでいきましょう!

さらなるレベルアップの為に、上記で基礎知識をつけたところで次は自分で考えて実装していくことをやっていきましょう。

この時に大事なポイントが、わからないコードがあれば、調べてる、そしてコーディングして、変化を確認する、を繰り返し行うことです

スクールに行くと、わからない事があれば講師が全部教えてくれますが、それでは自分のためになりません。

実案件を行うことになった場合、スキルとして求められるのは、「自分で調べて、自分で解決できるか」です。ようは自己解決能力が必要となってきます。

そのため、時間はかかりますが、確実に知識の定着はしていくので副業として成り立つまで繰り返し行っていきます

この時に参考となるサイトがあって、デイトラ、フリーホームページは経験を積むのにおすすめとなります。

JavaScriptを覚えて動的なWeb制作ができるようにする

HTMLとCSSだけで作れるのは静的なサイトのみで、動的なサイトを制作するにはJavaScriptを理解する必要があります。

現在のWebサイトはスクロールしていくとふわっとコンテンツが出てきたり、トップページに様々写真や動画などをスライドショーで表示させるなどを行うのに必須になります。

こちらを学ぶ際にもまずは、「Progate」と「ドットインストール」がおすすめです。参考書などで学んでいきたい人は下記の本を参考にしてみるといいでしょう。

Web制作ではまだまだjQueryが使われることも多いので、合わせて学習してみてください。

WordPressの仕組みを理解する

Web制作ではWordPressが使用した案件が多く、特にコーポレートサイトやLPの案件を取るには必須スキルとなります。

WordPressは無料から有料まで様々なテーマがあったり、自分でいちから作ることも可能です。

まずは、Wordpressの中身を理解する事を前提におすすめ書籍をご紹介します。

おすすめの書籍はこちら「いちばんやさしいWordPressの教本」です。

自作でWeb制作をする

次に行うのが自分でサイトを考えて作ってみましょう

いきなり自分で考えて作ってみようなんて言われてもどんなサイトを制作すればいいのか思いつかない方もいると思います。

そんな時は、自分の趣味であったり、普段行っているお店を想像してみると考えやすいかもしれません

また、方向性が決まったけど、デザインが浮かばない場合は既存のサイトを参考にするといいでしょう。ただし、そのまま構成を真似するのは良くないので注意が必要です。

もし、自分の趣味や既存のサイトで制作してみたいものが浮かばない人におすすめなのが「フリーホームページ.net」です。

フリーホームページ.netはジャンル別にデザインされた独自の制作サイトがあります。全て静的なサイトですが、どのサイトも初心者とは思えないほどの出来栄えです。

さらに、フリーホームページ.netを利用するポイントは掲載されているデザインが商用として扱うことができます。どういう事かというと一連のデザインをそのままクライアントに提案ができます(流石に写真や文章は変更する必要があります)

これはとてもポイントが高いですよね。この後に説明をしますが、案件を獲得する為には今までの実績をまとめたポートフォリオを制作して案件獲得に向けた準備をしていきますが、ポートフォリオに掲載することも可能です。

ポートフォリオを作成する

今まで学んだことを形にして、クライアントにアピールする材料を用意していきます。少なくとも自作したWebサイトを3つぐらい用意するといいでしょう!

ポートフォリオがあるのとないのでは大きく違い、自分がどんなWeb制作をできて、どんなスキルを持っているのかを見てもらえますし、クライアントへの安心材料になります。

ポートフォリオがなかった場合はクライアントはこの人は何ができるのか?任せて大丈夫なのかなどの不安があるためなかなか案件獲得にはいたりません。

そのため、早くWeb制作の案件を獲得する為にもしっかりと案件を獲得しやすい状況を作っていきましょう。

案件を獲得する

Web制作を行うスキルも身につき、ポートフォリオの準備ができたところで実際に案件を獲得していきましょう

比較的、案件を獲得しやすい方法としてランサーズクラウドワークス といったクラウドソーシングサイトを通して案件を獲得するのが一番早く案件を獲得する事ができるでしょう!

ただ、実績がないとなかなか案件が取れないので、ポートフォリオのクオリティが重要になってきます。

その他にもフリーランスエンジニアを利用する方法もあります。

フリーランスエンジニアはクラウドソーシングサイトとは違い単発の仕事ではなく、1つのプロジェクトに参画して様々なミッションを行っていく方法です。

フリーランスエンジニアで契約すると月30万円、高い契約になると100万円を超えるような契約をする事も可能です。

ただし、報酬が高い分、求められるスキルも高くなるため始めのうちはクラウドワークスやランサーズで比較的簡単な案件に応募して、スキルアップをして将来的にフリーランスエンジニアとして活躍できるように目標を設定しておくといいでしょう。

Web制作を独学で学ぶのが難しい方はスクールを検討してみる

Web制作を副業として行っていく上で必要なスキルと案件獲得までに必要な道のりを紹介してきました。

・Web制作の基礎知識を身に付ける

・JavaScriptを覚える

・Wordpressの仕組みを理解する

・自作でWeb制作をする

・ポートフォリオを作成する

・案件を獲得する

上記のことを順番にやっていき案件が獲得できるようになるには6ヶ月ぐらいかかる見込みです。その6ヶ月の間は沢山の苦戦と悩みがあり、その分のスキルが身につく事ができるでしょう。

その一方でweb制作のスキルを身に付ける事が難しいと判断して諦めてしまう人も中にはいます。確かに独学でWeb制作のスキルを学ぶことは可能です。しかし、6ヶ月も待ってられない方や誰かに教わる環境が欲しいと思っている方はプログラミングスクールを受講するか検討をしてみるといいでしょう。

以下の記事ではWeb制作のスキルを身につけることができるおすすめのプログラミングスクールを紹介しています。スクール選びの方法も紹介しているので是非、参考にしてみてください。

独学やプログラミングスクールで学んだことを、今度はクライアントへ「私、これだけできますよ」とアピールして信頼を得ていかなくてはいけません。

未経験でこれといった実績もない方に重要で、高額な案件を任せることはクライアント側も躊躇う事が多くあるでしょう。

まずは、Web制作を独学で行う時は「スキルを習得してはじめてスタートラインに立てた」と考えながら確実にスキルを見つけて質を高めていきましょう。

Web制作のスキルを身に付けるなら、必ずしっかりと計画をたて、必要なスキルを学び、認められる実績を積み上げていくことが重要です。

「Web制作を独学で学び副業として稼げるまでの道のり」のまとめ

ここまで、Web制作を独学で学び稼げるまでの道のりと独学で学ぶ事が難しい方に向けて様々な方法を解説していきました!

学んでいく方法は人それぞれ合うものが違うので失敗しない為にも無料体験や無理カウンセリングを受ける事をおすすめします

無料体験や無料カウンセリングを行うことでより自分に合った勉強方法を見つけることができてスムーズにスキルを習得する事ができて、早く副業として成り立つ事が可能です。

@Sho_Ceed

この記事を書いた人

しょうしーど
しょうしーど
33歳の2児のパパです。
9年目サラリーマンの仕事術や育児、キャンプに関する情報を配信しています。
本業と副業を両立しながら家族を幸せにする計画を実行中です。

将来の収益化に向け、日々Webビジネスを独学で勉強中です。
ぜひ、皆さんと一緒に成長していく仲間を募集してます!一緒に切磋琢磨していきませんか?

コメント