副業で新たなキャリアを築くことは出来るのか?

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

副業

副業でキャリアアップを目指したい!

本業でキャリアアップが見込めないから他の方法を知りたい

副業を始めた目的として「今より収入をアップさせたい」と考えている方も多い中で、本業では得られない経験をして、スキルアップを目的に副業を始めている方もいます。

しかし、本当に副業でキャリアアップをすることができるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、副業でキャリアを築くことができるのか、また、キャリアアップをしていく方法について詳しく解説をしていきます。

この記事は以下の内容を書いています
  • 副業でキャリアアップしていく方法がわかるようになる
  • キャリアアップについてわかる
  • これから副業でスキルアップしたい方におすすめ

この記事を読むことで副業でキャリアアップをしていくための手段が理解でき、本業も含め相乗効果が得られことができるようになるでしょう。

少しでも皆さんの今後のキャリアアップの幅を広げられる手助けができれば嬉しいです。

※この記事の作成者

ブログ歴3年6ヶ月副業歴2年5ヶ月
現在は仕事や副業に関するブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。

それでは、早速スタート




キャリアアップとは?

まずは、キャリアアップについて詳しく解説をします。

キャリアアップとは、職業や仕事において、より高い地位や役職、給与、責任、スキルなどを得て経歴を積んでいく取り組みのことです。

これは単に給与の向上だけでなく、自己成長、専門知識の獲得、責任の増加、新たな挑戦、個人的な達成感なども含まれます。

キャリアアップは、自分の職業人生において成果を出し、より高いレベルで活躍するための努力を続けるプロセスです。

以下にキャリアアップの意味が理解できる例をまとめました。

  • スキルの向上や学習を行う
  • 成果の達成と実績の積み重ね
  • 責任の増加とリーダーシップをとる
  • ネットワーキングと人脈の構築をする

新しいスキルを習得したり、既存のスキルの習熟度をアップさせたりすることや新たなプロジェクトのリーダーシップを引き受けたり、チームの指導的立場に就いたりすることで自分の市場価値を高めることを指します。

キャリアアップとスキルアップの違いは?

キャリアアップと似たような言葉で「スキルアップ」があります。

キャリアは「経歴」を意味する言葉で、「スキル」は「技能」「能力」を意味する言葉です。

そのためキャリアアップとスキルアップは大きな違いがあります。

要約すると、キャリアアップは職業人生全体での成長と進化を指し、スキルアップは特定の能力やスキルの向上を目指すプロセスを意味します。

キャリアアップとスキルアップは、どちらも個人の成長と発展を促進する重要な要素です。

副業がキャリアに与える影響

以下に副業がキャリアにもたらすメリットとデメリットを紹介します。

副業がキャリアに与えるメリットとは?

副業がキャリアに与えるメリットとして以下があります。

  • 経済的な余裕ができる
  • キャリアの多様化となる
  • リスクの分散ができる

経済的な余裕ができる

副業は、本業の収入に加えて追加の収入を得る手段として取り組まれる方が多いです。

追加収入を獲得することによって、個人の経済的な柔軟性や安定感が向上します。その他にも副業がもたらす追加収入には、いくつかの魅力的な点があります。

まず、経済的な余裕を築く面で副業は非常に有益です。副業で得た収入は、日々の生活費の足しにするだけでなく、貯蓄や将来の投資に充てることができます。

また、大きな買い物や旅行など、達成したい目標や夢の実現に向けた資金を準備するためにも役立ちます。

さらに、副業によって収入を多様化させることで、リスクを分散できます。本業に依存せず、副業の収入をバッファとして活用することで、失業や収入の減少といった予期せぬ状況にも対処しやすくなります。

このような安心感は、個人や家族の経済的な安定に貢献します。

キャリアの多様化となる

次に副業がキャリアに与えるメリットとして「キャリアの多様化となる」ことについてです。

副業による「キャリアの多様化」とは、異なる分野や業界への進出や経験を通じて、自身の職業的な幅を広げることを意味します。

副業が異なる分野に関わる場合、新たなスキルや知識を習得する機会や問題解決能力や柔軟性、新しいキャリアの機会の創出が生まれす。

これにより、自己の専門性を高めるだけでなく、多様な業務に対応する能力も向上します。

将来的に転職やキャリアの転換を考える際に、多様な経験が有利に働くことがあります。

リスクの分散ができる

次に副業がキャリアに与えるメリットとして「リスクの分散ができる」ことについてです。

本業が特定の業界や市場に依存している場合、その業界の変化やリスクに対する脆弱性があります。副業を別の分野に持つことで、リスクを分散し、より安定したキャリアを構築することができます。

また、突発的な支出や緊急の出費が発生した際、副業の収入が緩和策となります。この追加の収入源は、急な出費にも対応ができるので、精神的な余裕が生まれます。

副業がキャリアに与えるデメリットとは?

副業がキャリアに与えるメリットとして以下があります。

  • 時間とエネルギーの制約がある
  • クオリティの低下がある
  • 法的・税務的な問題がある

時間とエネルギーの制約がある

副業を行うためには、本業やプライベートな時間の中から時間を確保する必要があります。両方の業務を両立させるために、日々のスケジュールの調整が必要となります。

仕事とプライベートのバランスを保つことが難しいのにそこに副業の時間を確保しなくてはいけません。そのため、十分な休息や自己ケアを確保することが難しくなることがあります。

本業と副業の両方に対応するため、疲労やストレスが蓄積するため、長時間の労働やプレッシャーによって、身体的な健康や精神的な影響を及ぼすことがあります。

体が資本のため、仕事ができなくなってしまうのは本末転倒のため気をつけましょう!

クオリティの低下がある

副業が時間的に圧迫される場合、本業や他の責任に集中できなくなる可能性があります。結果として、本業や重要なタスクができず、仕事の質が低下する恐れがあります。

また、副業が異なる分野である場合、本業に関連するスキルの維持が難しくなる可能性があります。必要なスキルの更新や学習に時間を割けないため、競争力が低下するかもしれません。

さらに、副業と本業の両方に対応するため、集中力が分散し、深い思考や問題解決力が欠如する可能性があります。クオリティの高い仕事を提供するための時間と集中力が不足する恐れがあります。

そのため、どちらも中途半端にならないようにバランス良く進めていきましょう。

法的・税務的な問題がある

まず、法的な問題として本業の雇用契約や労働条件によっては、副業を制限または禁止している場合があります。

契約違反の可能性があるため、副業を始める前に本業の契約内容をよく確認する必要があります。

次に税務的な問題として、副業で得た収入は所得税の対象となることがあります。適切な所得税申告を怠ると、税務罰則や追加の税金支払いが発生する可能性があります。

その他にも副業にかかる経費は、所得税の計算に影響を与える可能性があります。経費の適切な取り扱いや計上方法を理解しておくことが重要です。

これらの法的および税務的な問題は、副業を持つ際に注意が必要な側面です。

副業を開始する前に、専門家のアドバイスを得ることや、関連する法律や税務規則を理解することが重要です。正確な情報と適切な手続きを守ることで、法的・税務的なリスクを最小限に抑えつつ、副業を進めることができます。

副業で新たなキャリアを築けるのか?

まず、結論から言うと

できます!副業で新たなキャリアを築ける可能性は大いにあります

副業は単なる追加収入だけでなく、さまざまな方法でキャリアの発展や成長をサポートする役割を果たすことがあります。

ここからは少し私の経験談を交えながらどのように副業でキャリアを築いていくのかご紹介します。

副業でキャリアアップできる理由

ここからは副業でキャリアアップできる理由について解説していきます。

主な理由として以下の理由が該当します。

  • 本業ではできない経験が積めること
  • 副業で得た知識を本業で役立てることができる

一つずつ解説していきます。

本業ではできない経験・キャリアを積めること

本業だと、本業でしか経験を積み重ねることしかできません。しかし、副業は他の会社の仕事を請負う事ができます。

多くの会社の仕事や幅広いジャンルを経験する事で本業以外の会社でも仕事ができるスキルが身につき、自身の市場価値を上げる事ができます。

そうした、本業ではできない経験をすることでキャリアアップができるのは副業の魅力といえます。

今まではキャリアアップというと転職のイメージがありましたが、現在は「キャリアップ=副業」という流れに変わりつつあります。

転職には、これまでの本業を一旦失うというデメリットや、転職先で成功するとは限らないというリスクがありますが、そうしたデメリットやリスクがない副業なら、より簡単にキャリアアップを図ることができます。

副業で得た知識(キャリア)を本業に役立てる事ができる

副業を通して身につけたスキルは、本業に役立てる事ができます。

副業をやっていくにあたり、本業のみのときよりも意識する点は以下のとおりです。

  • 本業と副業を両立するための時間管理
  • 仕事効率を上げるためのタスク整理力
  • 本業へのスキル転換による相乗効果

副業を始めれば仕事の量が増加し、より効率的にかつ、管理の徹底が必要になっていきます。

意識する点で挙げた項目は、どの会社に入っても必要なスキルです。

例えば、本業では開発の仕事、副業ではwebライターの仕事をしていれば、一見関係のないジャンルかもしれませんが、相手に伝えるwebライターで文章力を身につければ、上司への報告資料の質、それから重要な会議への発信力が向上します。

なので、副業を通じて身につけたスキルが、本業の充実につながっていき、相乗効果が生まれます。

仮に副業を行っていない人と比較してスキルアップの速度が変わってくるのでキャリアアップにもつながりやすいです。

副業をスタートする方法

ここまで、副業がキャリアに与えるメリットやデメリット、キャリアを築くことができる理由について解説をしてきましたが、次に副業をスタートする方法について詳しく説明をしていきます。

順番としては以下のように進めていくといいでしょう

  1. 副業を何のために始めるのか目標を設定する。
  2. どの分野で副業を行うか決める。
  3. マーケットリサーチをする
  4. 副業を始める準備をする
  5. 副業のスタートする、継続する対処をする。

副業を行う目標設定をする

まず、副業を始める前に明確な目標を設定しましょう。

副業で何を達成したいのか、どの程度の収入を得たいのか、スキルの向上やキャリアの多様化を目指すのかを明確にすることが重要です。

目標を持つことは、モチベーションを維持する助けになります。目標があれば、困難な時でも前進する意欲が高まります。

どの分野で副業を行うか決める

自身のスキルや関心をリストアップし、どの分野で副業を行いたいのかを考えましょう。自分が得意とする分野や興味を持つ分野を選ぶことで、取り組むことが楽しくなります。

しょうしーど
しょうしーど

私は本業とは異なるWebライターとWeb制作を副業として始めることにしました

未経験から副業WebライターとWeb制作を行う方法は以下の記事で解説をしていますので、是非、参考にしてみてください。

マーケットリサーチをする

選んだ分野の市場や需要を調査しましょう。

競合他社や類似するサービス・商品がどれくらい存在するか、どのようなニーズがあるかを理解することで、自身の副業のポジショニングを考えることができます。

副業を始める準備をする

副業を始める時は、案件を獲得するには自分で営業しなければなりません。

案件を獲得するのにおすすめなのが「クラウドソーシングサイト」です。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の記事で紹介をしているので、是非、参考にしてみてください。

副業をスタートする、継続する対処をする

副業をスタートさせたら、着実に取り組むことが重要です。成果を出すために継続的に努力し、フィードバックやクライアントの声を取り入れながら、課題を改善していくことが副業を成功させるカギとなります。

そして、副業を始める際には、計画的なアプローチと努力が必要です。

自身のスキルや関心に基づいたアイデアを大切にしながら、法的・税務的な側面やマーケティングの手法を学びながら着実に取り組んでいきましょう。

副業を行う上で大切なポイントについて以下の記事で解説をしています。こちらも併せて読んでいただけると嬉しいです。

副業でキャリアを築くためのまとめ

いかがでしたか?

今回は副業でキャリアを築く事ができるかについてご紹介しました。

今までのおさらいとして「副業でキャリアアップはできます!

そして、その理由は

  • 本業ではできない経験を積めること
  • 副業で得た知識を本業に役立てる事ができるから

この2つがキャリアアップできると言える理由です。

これから沢山の経験をして更なるキャリアアップを目指している方は是非、副業という選択肢を増やして検討してみてください。

そして、副業をはじめたいと思った方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

また、実際に、私がクラウドソーシングサイトを利用して収益をある事ができています。その実績紹介をしているので、ご参考までに!

▼クラウドソーシングサイトを始めて2ヶ月目の成果報告▼

副業を始めてすぐには中々苦戦をし、収入を得ることができない時期があります。

しかし、辛抱強く継続することで、成果が積み重なり徐々に収益化ができるようになってきます。

少しでも自由に使えるお金を手に入れるため、老後の資金を調達するために今からできることをコツコツやっていきましょう。

それでは、また。

@Sho_Ceed

コメント