Web制作を副業にして稼げるの?稼ぐ方法を解説します

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

Web制作

副業Web制作って稼げまる事ができるの?

稼ぐ方法を知りたい!

Web制作は、在宅で取り組める副業として興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に稼げる事ができるのか?どれくらい稼げるかどうか不安に感じている方もいると思います。

そこで、この記事ではWeb制作の仕事内容や、副業で稼ぐ事ができるのか、稼ぐための方法解説しています。

この記事を読む事で、Web制作を副業として稼げるのか、また、稼ぐための方法についてわかるようになります。

この記事は以下の内容を書いています
  • Web制作が副業として稼げるのか理解できる
  • Web制作として稼ぐための手段がわかる
  • スキルを身につける方法が知れる

それでは、早速スタートします。

※この記事の作成者

ブログ歴3年6ヶ月副業歴2年5ヶ月
現在は仕事や副業に関するブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




Web制作は副業で稼ぐ事ができるの?

結論から言うと、Web制作を副業として稼ぐことは可能です

Web制作は稼げないといわれることもありますが、実際にはまだ稼げる副業です。

なぜWeb制作の副業が稼げるのか、その理由を解説します。

Web制作の需要はまだある

ホームページを制作する案件やリニュアール案件などWeb制作の案件は増加傾向にあります。

例えば、すでに運営しているホームページをスマートフォンに対応させたり、デザインを一新したりする案件です。

無数に存在するコーポレートサイトやECサイトなどのホームページですが、昔に作られたものも多く存在します。

過去に作ったホームページでは、デザイン性や集客につながらない可能性があるため、リニューアルして集客したいというクライアントが増えています。

また、インターネット広告の市場動向を見てみると企業がインターネット広告媒体にかける費用の総額は、毎年増加を続けていて、2021年はインターネット広告で2兆7,052億円、マスコミ4媒体広告で2兆4,538億円とインターネット広告が上回る結果となっています。

これは2018年が1兆7,589億円から1兆円近く増加しています。将来的にも伸び続ける予測が立てられており、2024年には3兆円を突破すると予測されています。

特に近年伸びているのが、YouTubeやTikTokなどの動画共有プラットフォームにおける「動画広告」とソーシャルネットワークにおける「ソーシャル広告」です。

Web制作スキルを身につければ稼げる

先ほど説明をしたように、インターネット市場は伸び続けていく予測が立てられているため、Web制作のスキルを習得すれば稼ぐことができるでしょう

また、Web制作は他のプログラミング言語と比較してスキルを習得するツールも豊富にあり、スキルを身につけやすい傾向があります。

そのため、参入する人が多いです。

実際にクラウドソーシングサイトなどでは多くのライバルがいます。

その中で勝ち残っていくには、Web制作ができるスキルを身につけて、フリーランスとしての戦略を立てれば稼げます。

例えば、クラウドソーシングサイトで案件獲得が難しければ、フリーランスエージェントでプロジェクトに参加するなど、実績をしっかり積み重ねれば、仕事の幅も広がり案件を受けやすくなるでしょう!

また、人脈から仕事を獲得したり、ホームページやSNSを活用したりするなどライバルがいない環境で勝負すれば、十分な案件を得られる可能性はあります。

初心者向けの案件も豊富にある

経験がない」「経験が浅い」という場合でも、Web制作の副業をすること自体は可能です。

例えば、HTMLやCSSのプログラミング言語のプログラミングスクールも多く、比較的身につけやすいスキルです。

さらに、Web制作以外のスキルもプログラミングスクールでは学べるので、できる範囲が増えたり、自分に合ったプログラミング言語を見つける事が可能です。

ただし、はじめのうちは未経験者・初心者が携われる案件は少ないということを念頭に置き、マニュアルがあれば進められる程度の簡単な業務に限られます。

独学でも最低限必要なスキルを身につければ、案件自体は受けられるようになりますが、稼げない可能性もあるということは認識しておきたいところです。

副業でWeb制作の案件を獲得する方法

副業Web制作で稼げる事がわかったところで、次に案件を獲得していくための方法をご紹介します。

クラウドソーシングサイトを利用する

まずは、多くの方が利用しているクラウドソーシングサイトを利用して案件を獲得していく方法です。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい人と受注したい人が集まるプラットフォームです。一般的には、発注側が募集を投稿し、条件に合う希望者が応募することで受注にいたります。

募集や応募は無料で利用できるため、案件数が多いのが特徴です。

幅広い案件が揃っているため、初心者や経験が浅い人でも副業案件を受注できる可能性があります。

ただし、案件受注時の報酬は、10〜20%程度のシステム利用料が差し引かれるのがデメリットです。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントはクライアントとフリーランスを仲介してくれて、案件を紹介してもらうことができます

クライアントとの間にエージェントスタッフが入って契約手続きや条件交渉をサポートしてもらえるのがメリットで、Web制作のスキルはあるけど営業が苦手という人にはおすすめな方法です。

クラウドソーシングよりも高単価な案件が多い傾向がありますが、その分経験や実績が求められます。

そのため、初心者・経験が少ない場合は受注が難しいので、中上級者向きの方法といえます。

SNSを利用する

SNSでアピールをして、案件受注を目指す方法もあります

ビジネス用アカウントを作成してインターネット上で営業を行います。

SNSで案件獲得を目指す場合、ポートフォリオの作成が必須です。

ポートフォリオとは自身の作品や過去に携わった案件をまとめたもので、実績をアピールするために必要な情報資料です。

クライアントはポートフォリオを見て、採用するかの判断をするためあまり実績がない場合はアピールできる材料がないためになかなか案件を受ける事が難しいです。

そのため、この方法は中級者〜上級者向けの方法となります。

Web制作の副業案件を獲得するためのおすすめの方法を紹介

案件を獲得する方法としていくつか方法がありますが、その中でもおすすめの方法をご紹介していきます。

未経験者はクラウドソーシングサイトがおすすめ

未経験者が比較的案件を獲得しやすい方法としてクラウドソーシングサイトがあります。比較的簡単な案件があるので、実力や実績を作っていくにはおすすめです。

中でも、おすすめのクラウドソーシングサイトが以下です。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

クラウドワークス

クラウドワークス は数あるクラウドソーシングサイトの中でとても人気があり、日本最大級のサイトで、登録者数は480万人。

企業のホームページやブログメディアなど実績は10,000件以上です

自分ができるジャンル別に分けて検索ができるためすぐに仕事を見つけることができます。

案件としてもトップページ1ページだけの制作依頼など低単価の案件や専門性の高い高単価の案件まで幅広いクライアントが集まっています。

ただし、報酬の支払いに関してシステム使用料で10〜20%の支払いがあるため、報酬金額が低くなってしまいます。

未経験、副業初心者で実績を積んでいきたいと考えている人には向いていますが、安定して高収入を得たい方にはやや不向きです。

ランサーズ

ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

ランサーズはサポート体制がとても充実しています。案件の監視を強化していて悪質な案件を受注しないような管理体制となっています。規約違反者への対応も徹底しているため、初心者でも安心して利用可能です。

ランサーズではランク制度を設けています。ランクなし、レギュラー、ブロンズ、シルバーがあり、それぞれ一定の基準を満たすとランクアップを目指せる仕組みです。報酬額や納品実績、高評価を得ているランサーだけがもらえる最高ランクの「認定ランサー」というものもあります。

認定ランサーになるにはある程度実績を積み重ねなければいけませんが、少しずつランクアップを目指せばアピールにつながります。

また、クラウドワークス同様にシステム利用料が16.5%もかかるため、仮に10万円の契約をした場合でも92,000円程度の手取り額になってしまいます。

実力・実績がついてきたらフリーランスエージェントがおすすめ!

実力や実績がついてきたらより高単価の案件を獲得するためにフリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。

フリーランスエージェントは業務委託案件の紹介から企業との商談、条件・単価交渉、契約手続きをサポートしてくれるので、営業が苦手な方など自分で営業せずに副業の仕事や報酬を獲得できるWeb制作の案件を探すのにおすすめのサービスです。

ここでは、おすすめの3社を紹介していきます。

Midworks

【midworks】 は株式会社Branding Engineerが運営するフリーランスエージェンで、ITエンジニア、Webデザイナー向けの案件を紹介するサービスを提供しています。

Midworksのポイントとしては以下があります。

  • 豊富な案件数
  • 正社員並みの福利厚生

1点目が豊富な案件数です。

3,300件以上(2022年7月時点)と案件数も豊富ですが、さらに、サイトに公開されていない非公開案件が80%以上のあるため、実質、10,000件以上の案件を保有していることになります。

ここまで、豊富な案件数であれば、自分に適した案件に出会う可能性も多いでしょう。

2点目が正社員並みの福利厚生が受けられるのもMidworksの特徴の1つです

受けられるサービスとして、以下のようなものがあります。

  • フリーランス協会のベネフィットプラン・福利厚生サービスが無料
  • 賠償責任保証の自動付与
  • 健康診断・人間ドックなどの割引サービス
  • 確定申告のサポートなど税務保障やfreeeの無料利用
  • 生命保険料の半額負担
  • 給料保障制度
  • 通勤交通費の支給(上限3万円)etc...

他のフリーランスエージェントと比較しても福利厚生は充実しています。

まずは無料会員登録をして、相談してみるといいでしょう。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ は株式会社Hajimariが運営するフリーランス向けの業務請負、受託業務を紹介するフリーランスエージェントです。

ITプロパートナーズの特徴として以下があります。

  • 週2〜3日の案件が豊富
  • エンド直なので高単価
  • スタートアップ・ベンチャー案件多数
  • 専属エージェントが働き方をサポート

他のフリーランスエージェントと比較して週2~3日勤務の案件数が豊富にあることが強みです。そのため、土日だけ仕事をしたい、本業もあるので副業として活動をしたい、複数案件を並行してやりたい、など柔軟な働き方ができます。

また、よくあるのが、仲介会社に支払うマージンが高く、ワーカーが受け取る金額がかなり少ないという問題がありますが、ITプロパートナーズは、直接クライアントと契約をするので、仲介会社を挟みません

そのため、高単価な案件を受注しても報酬額が多く、年収がアップしやすくなりやすいでしょう。

新しいトレンドを取り入れた企業を紹介してもらえるから、スキルアップを目指すエンジニアに向いています。

PE-BANK

最後に紹介するのが「PE-BANK」です。

PE-Bank は株式会社PE-BANKが運営する設立30年以上もある歴史のあるフリーランスエージェントです。

PE-Bankの特徴として以下があります。

  • 取り扱い案件数50,000件以上
  • 30年以上の実績と信頼
  • 営業や事務手続きを代行してくれる
  • キャリアアップの教育サポートがある
  • 2,000名以上のフリーランスエンジニアがいる。
  • PE-Bank利用者は5年以上利用している

PE-BANKは、北は北海道、南は福岡と多くの拠点があります。各拠点での案件紹介、相談なども行えます。

また、中間マージンが公開されていることが特徴。他のフリーランスエージェントはマージン率を公開しないことも多いですが、PE-Bankでは報酬受け取り回数に応じてワーカーへの分配率が決まっています。

報酬受け取り回数が1〜12回の時はワーカーへの分配率は88%となり、25回以上になると92%まで上がり、報酬額が増える仕組みとなっています。

健康診断やIT資格支援、事務代行など、フリーランスを応援するサポートも充実しています。

Web制作を副業として稼ぐ方法のまとめ

今回は、副業でWeb制作をやって稼げるか、案件を獲得するための方法についてご紹介をしてきました。

Web制作は人気の副業で始める方も多いですが、まだまだ人手が不足している状態です。また、今後もこの人手不足は増えていく一方です。

そのため、初心者・未経験の方で、副業を始めようとしている方でWeb制作を始めようと考えている人は、しっかりと知識を身につけ、実績を積んでいけば稼ぐチャンスは高いでしょう。

副業で成功をしたい方はまずは一歩を踏み出し、行動をすることが大切になりますので、ぜひ、勇気を出してはじめてみてください。

@Sho_Ceed

コメント