Webライターの単価交渉を行うタイミングを教えます!これで収入アップしよう!




副業

単価をアップしたいけど、いつ交渉すればいいのかわからない

単価交渉の方法を知りたい

副業を、やっていると必ずと言っていいほど行うのが単価交渉です。

Webライターとして慣れてくれば単価アップしてもっと収入をアップしたいと考える方も多いと思います。

しかし、「いつ、どうやって単価交渉すればいいの」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではWebライターの単価交渉のタイミングと交渉術について詳しく解説していきます

この記事を読んで、案件数を少なく収入アップできるようになるでしょう。

この記事は以下の内容を書いています
  • Webライターの単価交渉タイミングを知ることができる。
  • 単価交渉を成功させるコツが知れる。
  • 単価交渉をする時の方法がわかる

それでは、早速スタートします

※この記事の作成者

ブログ歴2年6ヶ月、副業歴1年5ヶ月
現在はブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。今まで経験したきたことを(仕事、副業、キャンプ、育児)を中心に記事を更新しています。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




Webライターの単価交渉をするタイミングはいつ?

ここでは、Webライターが単価交渉をするタイミングについて解説します。

いつ単価交渉をしたら良いのかわからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

主に以下のタイミングが単価交渉をするのにいいタイミングです。

  • クライアントとの信頼度が上がった時
  • 継続案件の切り替え時
  • 自分の平均単価が上がった時

それでは詳しく解説していきます。

クライアントとの信頼度が上がった時

まずはじめに、クライアントとの信頼度が上がった時に単価交渉をするタイミングがあります。

クライアントから依頼された案件を複数行い、自分のスキルや仕事への姿勢を示し、単価交渉ができそうだと判断できるくらい、クライアントとの信頼関係が築いていきます。

案件を始めたばかりで関係性の浅い人から「単価を上げてほしい」と言われても、クライアントは判断が出来ず、単価を上げてくれる可能性は低いです。

単価交渉をする場合は、ある程度仕事のやり取りを続けて関係性を築いてから行うことをおすすめします

私は契約から半年、もしくは30記事以上執筆を単価交渉を行う1つのポイントとしています。

上記の条件であればある程度、クライアントとの関係さも深まり、単価アップの検討をしてくれるでしょう。

継続案件の切り替え時

次のタイミングとして、継続案件の切り替えタイミングに単価交渉をする方法です

Webライターは記事を執筆するため、ただ文章を書くだけでなく、装飾や画像選定など読者にとって読みやすい記事にするため、執筆以外の様々な業務を依頼されることがあります。

このような作業にも慣れてきて、クライアントが満足してもらえる記事を執筆できるようになると当初の契約以上に継続して執筆を依頼されることもしばしばあります。

継続案件を依頼されたときは、それ相応の単価にしてもらえるか提案をしてみましょう。

継続案件をもらえるようになると、今までやってこなかった追加の作業をお願いされる事がよくあります。

そのため、自身でやることも増えるので今までの単価では少し割りに合わないと感じてしまうかもしれません。

そうならない為にも、継続案件を依頼されたタイミングで交渉しましょう。

後から交渉するのは難しいので、交渉をするなら契約前にする事をお勧めします。

クライアントからの信頼度や継続案件をもらうためにも、まずは案件を獲得しなくてはいけません。以下の記事では案件を獲得する方法について詳しく解説をしています。

自分の平均単価が上がった時

Webライターとしてスキルアップしていくと、徐々に平均受注単価が上がっていきます。

私自身、最初は文字単価0.75円でしたが、現在は2.0円まで上がってきました。

ここまで、上がってくると昔と同じ文字数の記事を書いても報酬額としては倍増していることになるので、自分の市場価値も上がり気持ち的に楽になってきます。

平均受注単価が上がってくると、昔から契約している案件の単価が低いと感じてしまいます。

たとえば新規で文字単価2.0円の案件依頼が多数あるときに、昔から契約している文字単価1.0円の案件を受注し続けていくのは取り組む気持ちとしても文字単価2.0円の方が進みますよね。

なので、文字単価1.0円で契約している案件も単価アップの交渉をしてみましょう!

経験や実績を積み重ねていく事で、Webライターの市場価値が高まり、単価もアップしていきます。以下の記事ではそんな経験をもとのにWebライターの文字単価の相場についてまとめています。是非、参考にしてみてください。

副業Webライターが文字単価アップの交渉を成功させるためのコツ、ポイント

ここまで、副業Webライターとして文字単価を上げる交渉タイミングについて紹介をしてきました。

単価交渉は必ず成功するとは限りませんし、もしかしたら継続案件が終わってしまうかもと不安に思う方も多いと思います。

そんな不安を解消する為にもここからは、単価交渉の成功率を上げるポイントやコツを詳しく解説していきます。

文字単価を上げて欲しい理由を正直に伝える

「単価を上げてほしい」という理由を正直に伝えましょう

遠回しな言い方をすると、クライアント側もどうして欲しいのかちゃんと伝わらない可能性があります。

正直に言いにくい気持ちは十分によくわかりますが、単価交渉はお金の絡むビジネスの話です。

その為、なぜ文字単価を上げて欲しいのか気持ちを思いっきりクライアントにぶつけていきましょう

クライアントへ追加提案をする

案件を依頼しているクライアント側もWebライターへ支払える予算が決められている事が多いです。

クライアント側もできる限り、費用を抑えたいという気持ちがあります。

そのため、「単価を上げてほしい」というWebライターの要望だけでなく、上げるメリットをクライアントに提案すると成功率が上がります。

例えば、以下のような提案をしてみるといいでしょう。

  • 納期を早める事ができる
  • WordPressを扱う事ができ、追加作業としてやる
  • キーワード選定や企画から参加できる
  • 記事の拡散を行う

上記の項目をまだ、提案できていない場合は単価交渉と合わせて伝えてみましょう。

希望単価は◯円と正確な金額を伝える

単価交渉を行う際、希望単価は「文字単価〇円」など具体的な数字を伝えましょう。

クライアント側はできる限りWebライターへの予算を抑えたいと考えています。

どのくらい上げられますか?」と相手に委ねてしまうと、希望単価とは程遠い返答をされてしまう可能性があります。

それでは、せっかく単価アップの交渉をしたのに希望と違う単価アップとなり、もったいないですよね。

先にはっきりとした数字を伝える事で、「欲を出し過ぎかな?」とマイナスに考えてしまいがちですが、単価の交渉をする時は「希望の文字単価は2.0円でお願いできないでしょうか?」と具体的に伝えることで希望単価に近付く確率が高まるといえるでしょう。

そのため、先に伝える事をマイナスに捉われず、先手で交渉するようにしましょう。

交渉をする時は丁寧に控えめに伝える

クライアントに単価交渉を行う際は、丁寧、控えめな交渉を意識していきましょう。

立場としては対等です。仮に単価アップの交渉を上から目線で傲慢な態度で行ってはクライアント側も嫌な気持ちになり、単価アップどころか、継続案件もなくなってしまう可能性があります。

引き続き、お互いに気持ちよく仕事をしていく為にも、丁寧な言葉で謙虚な姿勢でお願いした方が、関係性良く仕事をする事ができますよね。

突然のご相談で大変申し訳ないのですが…」といったように、常日頃の感謝の気持ちと相手を気遣う姿勢が伝わるように工夫するとよいでしょう。

副業Webライターの単価交渉方法

次にWebライターの単価交渉方法について解説します。

実際に、私が単価交渉をしたときの文章も公開していきますので、これから単価交渉を行おうとしているけど、どうすればいいのか悩んでいる方は是非、参考にしてみてください。

◯◯様

いつもお世話になっております。
しょうしーど、と申します。

継続案件のご依頼ありがとうございます。急ではありますが、1点ご相談したいことがございます。

相談の内容としては報酬に関することで、今後の既存案件も含め文字単価◯円と今までより単価をアップしていただくことは可能でしょうか?

以下の内容で、ご検討いただけますと幸いです。

現在:XXXX字×文字単価□円=□□□□円
希望:XXXX字×文字単価◯円=◯◯◯◯円

上記の内容はあくまで私の希望金額です。単価アップについては御社のご都合もあると思いますので可能な範囲で検討ください。ご検討いただける場合は記事の執筆だけでなく、追加対応依頼などあれば対応したいと考えています。

今後とも◯◯様と末永くお仕事をさせていただきたいと思っておりますので、是非ご検討いただけると幸いです。

その他、ご不明点などありましたらご連絡ください
以上、よろしくお願いします。

上記はあくまで、単価交渉方法の一例です。できる限り丁寧な言葉遣いで謙虚な姿勢を心がけています。

さらに、自分が必要とする希望単価は具体的な数字で伝えています。

単価を上げてほしい理由や相手に提示できるメリットは各々異なりますので、参考程度にして頂ければ幸いです。

単価交渉は必ず成功するとは限りませんが、「単価を上げてもこのWebライターさんを起用したい!」と思って頂ければ、希望の単価にしてもらえるでしょう。

副業Webライターが単価アップの交渉をする時の注意点

ここまで、副業Webライターの単価交渉をする方法について解説をしてきましたが、交渉をする際にはいくつか注意点がありますのでご紹介します。

単価交渉は成功するとは限らない

Webライターの単価交渉は、必ず成功するとは限らないため、そのことは予め頭の片隅に置いておきながら交渉をしていきましょう

理由として、クライアントも運用をしていく上で、Webライターの外注費用を予め決めてから経営するクライアントがほとんどです。

そのため、限られた費用で運用をしなければならないためクライアント側も簡単に単価をアップすることができない場合もあります。

予算に余裕がある場合でも、上司に交渉し承認を得る必要がある場合や予備費を確保しておきたい意向がある場合は単価交渉をしてもOKの判断はクライアント次第となります。

予算の少ない、多いに関わらず、様々な理由で単価交渉に応じれないクライアントもいます。

上記の状況から、単価交渉をする場合は、断られる可能性を念頭に交渉をしていきましょう。

単価幅を持たせて検討をする

交渉をする時は単価の幅と、クライアントの状況を考えながら交渉をしていきましょう。

クライアント側もできる限り予算を抑えたいと考えています。

そのため、単価交渉を行う際は自分の希望とクライアントの状況を考えて、単価の幅を持たせて交渉をする必要があります。

単価の交渉幅としては「希望の文字単価に対して0.1〜0.4円程度」は見ておくといいです。

単価の幅を持たせておくことでお互いに納得する単価になりやすく、交渉した時に成功しやすくなります。

なるべく成功率を上げるためにも単価の幅を事前に考え交渉していくことをおすすめします。

文字単価の交渉が失敗しても気にしない

交渉を断られた場合でも、また別の機会に単価アップの交渉をしてみましょう。

単価交渉をしたばかりに継続案件を失う場合もあるので注意が必要です。

そのため、単価交渉を断られても気にすることなく継続案件を行なっていきましょう。

Webライターの単価交渉を行うタイミングを教えます!これで収入アップしよう!のまとめ

ここまで、文字単価を上げてもらうタイミング・コツ・注意点などを詳しく解説をしてきました。

単価交渉を行う方法として以下を紹介しています。

文字単価の交渉を行うタイミングのまとめ
  • 文字単価交渉を行うタイミング
     ・クライアントとの信頼関係が高まった時
     ・継続案件の切り替え時
     ・自分の平均単価が上がった時
  • 文字単価交渉を行うコツ、ポイント
     ・文字単価を上げてほしい理由を正直に伝える
     ・クライアントへ追加提案をする
     ・交渉を行う時は丁寧に控えめに伝える
  • 交渉単価アップの交渉を行う時の注意点
     ・単価交渉は成功するとは限らない
     ・単価幅を持たせて交渉をする
     ・文字単価の交渉が失敗しても気にしない。
  • 単価交渉をする目安
     ・契約をしてから半年、もしくは30記事執筆してから

文字単価を上げてもらう交渉を行う時は丁寧に伝え、しっかりと交渉をしていきましょう

ただし、あまり自分の気持ちを押し付けることは控え、お互いの関係性を崩さない程度にこちらも妥協できる範囲を定めておきます。

そして、単価を上げてもらうためにもWebライターとしてスキルをしっかりを身に付けていく必要があります。Webライターとして身に付けておきたいスキルを以下の記事でまとめましたので是非参考にしていただきスキル習得をしていきましょう。

これから、Webライターとして活動を検討をしている人は以下の記事も参考になるので興味がありましたら是非、読んでみてください。

上記の記事では、独学で学んでいく方法を紹介しています。

独学で学んでいくことも可能ですが、スキル習得の方法から模索していきながら学んでいかなくてはいけません。

もし、独学で学んでいくことに不安がある方はWebライターになるための講座を受講することをおすすめします。

ここからは、Webライターのスキルを効率よく学ぶ事ができるおすすめのスクールをご紹介していきます。

あなたのライターキャリア講座

引用:あなたのライターキャリア講座公式サイトより

副業Webライターとしてしっかりとスキルを身につけたい人には「あなたのライターキャリア講座 」を受講してみてはいかがでしょうか。

ライティングに必要な文章を書くために必要な基礎思考力が身につきWebライターとして稼げる文章力を学ぶことができます。

あなたのライターキャリア講座では、独自の思考力を向上させるカリキュラム「LOPREQ(ロプレック」が導入されています。

文章力も大事とされていますが、プロのWebライターとして以下の4つを重要としています。

  • LOGIC:論理の構築
  • PLOT:伝える順番の設計
  • REACTION:反応の予測
  • QUESTION:疑問の解消

この4つを意識することが文章を扱う上で大切なポイントになります。

あなたのライターキャリア講座」のおすすめのコースは「スタンダードコース」です。

講座名あなたのライティング講座
コース料金スタンダードコース:99,800円(一番人気)
マンツーマンコース:299,800円
セルフコース   :49,800円

※第1回の講義から20日間、全額返金を保証!!
ポイント・1回の講義は60〜90分(全10回)
・プロの添削が5回(1年間有効)
・オンラインで受講が可能
・LINEにて講師に好きなだけ質問が可能
・キャリアプランの相談も可能
公式サイトhttps://yosca.jp/school/career/

第1回の講義から20日以内であれば全額返金保証が付いているため、試しに第1回の講義を受けてみて自分には合わないなと思えばやめることも可能なため、損する心配もなく、安心して受講することが可能です。

少しでも「あなたのライターキャリア講座」が気になる方は資料を請求してみて、どのようなカリキュラムが取り揃えているのか確認をしてみてください

さらに、気になることがあれば無料相談をすることも可能なので、不安なことや気掛かりなことなど相談をしてみてください。

こういったことも安心して始められるためにも重要なため、気軽に相談をしてみましょう

SHElikes(シーライクス)

引用:SHElikes公式サイトより

シーライクスのライターコースは、初めてWebライティングに挑戦をしたい方にも受講しやすい内容になっています。

フリーライターとして活動している講師の方から実践を交えたライティングスキルを学ぶことができるので、より専門的な分野に必要なスキルを身に付けることができます。

シーライクスは女性向けのWEB系スクールとなっており、フリーランスとして活動していくためのスキルを身につけるための講座をおしゃれな教室で受講が可能です。

また、インタビューができるライターを目指す姿としており、実際に取材のスキルまで学べるWebライティングスクールは少ないため、取材ライターになることを目指している女性の方には特におすすめです。

講座名SHElikes Webライティングコース
コース料金【受け放題プラン】
12ヶ月プラン:13,567円
6ヶ月プラン:15,547円
月額プラン:16,280円

【月5回プラン】
12ヶ月プラン:8,984円
6ヶ月プラン:10,047円
月額プラン:10,780円

+162,800円の入会金
ポイント・無料体験・相談あり
・累計参加者6万人、参加者満足度91%!
・オンラインで受講が可能
・女性のためのコースが充実
・お洒落な教室(銀座・表参道・名古屋)
公式サイトhttps://shelikes.jp/

まずは無料体験や相談ができるので、参加者満足度91%を誇る無料体験レッスンを体験してみるといいでしょう!

ライティングハックス

ライティングハックスは高単価なWebライターを目指す講座が取り揃えており、基本的には77本の動画による解説をメインとしています。

株式会社スキルハックスが運営する現役の講師による未経験からでもWebライティングに必要な基礎から実践までの知識を身につけることができます。

また、ライティングハックスは一度、加入してしまえば、動画は永久的に閲覧が可能で、追加料金なしで質問対応や添削サポートを受けれます。

しかも、現役のWebライターが講師を務めているため、スキルを着実に身につけることができるでしょう。

講義のサンプル動画もあるので、是非、視聴してみて講義を体感してみてください。

講座名ライティングハックス
コース料金69,800円(税込)
※2023年1月6日より89,800円に改定される予定
ポイント・LINEによる無制限サポート
・動画によるオンライン受講が可能
・永久的にカリキュラムを閲覧可能
・他のスクールより安価に受講することができる
公式サイトhttps://skill-hacks.co.jp/writing-hacks/

Webライターとしての知識をしっかり身に付けて活躍していけるように準備をしっかりやっていきましょう!

この記事を読んでもらい少しでも、Webライターのスキルをどうやって身に付けていけばいいのか理解してもらえたら嬉しいです。

それではまた!

この記事を書いた人

しょうしーど
しょうしーど
33歳の2児のパパです。
9年目サラリーマンの仕事術や育児、キャンプに関する情報を配信しています。
本業と副業を両立しながら家族を幸せにする計画を実行中です。

将来の収益化に向け、日々Webビジネスを独学で勉強中です。
ぜひ、皆さんと一緒に成長していく仲間を募集してます!一緒に切磋琢磨していきませんか?

コメント