副業Webライターの文字単価の相場とは?文字単価をアップして収入を増やそう




副業

Webライターの文字単価の相場を知りたい

もっと文字単価をアップさせる方法はあるの?

副業でWebライターを始めた方で、1番気になるのが、案件の文字単価の相場ではないでしょうか?

記事をたくさん書いているのに文字単価が低くあまり稼げないとか、文字単価をもっとアップしてほしいけど、どうやって相談すればいいかわからない方も多いと思います。

そこで、この記事では副業Webライターの文字単価の相場と文字単価をアップする交渉方法について詳しく解説をしていきます。

この記事を読む事で副業Webライターの文字単価がどのぐらいの目安なのか、文字単価をアップさせる交渉術が理解できるようになります。

それでは、現役副業Webライターの私が解説をしていきます。

この記事は以下の内容を書いています
  • 副業Webライターの文字単価の相場を理解できる
  • 文字単価をアップさせる方法がわかる

それでは、早速スタートします。

※この記事の作成者

ブログ歴2年6ヶ月、副業歴1年5ヶ月
現在はブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。今まで経験したきたことを(仕事、副業、キャンプ、育児)を中心に記事を更新しています。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




副業Webライターの文字単価の相場について

まずは、副業Webライターの文字単価の相場についてご説明します。

Webライターの案件として良く提示される以下、2種の単価を紹介します

  • 文字単価
  • 記事単価

記事執筆の文字単価

文字単価とは、「1文字あたりの単価」のことをいいます。たとえば、1記事3,000字の仕事を文字単価1.0円で受注する場合は「3,000字×文字単価1.0円=3,000円」の計算方法で1記事あたりの報酬額を算出していきます。

執筆した文字数で報酬が計算されるので、執筆作業の案件に使用される傾向があります。

1記事あたりの単価

記事単価とは、「1記事あたりの単価」のことをいいます。文字数の指定がありますが、指定文字数を前後しても報酬額の変動はありません。あくまで、制作した「1記事」に対して報酬額となります。

Webライターに依頼される仕事は、記事の執筆だけではなく、WordPressなどへの入稿作業や画像選定、時には取材から記事執筆まで行うなど、「Web記事を制作するための作業全般」をすることもあります。

ディレクター業務などは時給制

Webライターとして記事執筆にも慣れてきて記事を執筆する側ではなく、管理をする立場になってくると記事単価ではなく、時給制になる事があります。

相場としては「1,000円〜3,000円」程度です。

主にやる事としては、他のライターの進捗管理、記事のチェックや新しいライターの選定など、多くの事を任されることもあります。

記事執筆をする事もありますが、どちらかというと管理業務がメインになってきます。

Webライターの単価相場の特徴

ここまで、Webライターの単価の種類について解説をしてきました。次に、Webライターの単価相場の特徴について解説をしていきます。

基本的に、Webライターの文字単価・記事単価は、記事の種類やジャンル、ライター個人のスキルなどによって変動します。

ここでは、副業Webライターとして活動している私の経験をもとに説明をしていきます。

初心者Webライターの単価相場

初心者Webライターや未経験者の方は、文字単価0.5~1.0円程度の仕事から始めることが多いです。

理由として以下です。

  • クラウドソーシングサイトで未経験可で募集している案件が0.5〜1.0円ぐらい
  • 初心者の方は1.0円以上はハードルが高いと感じる
  • 1.0円以上は記事構成などSEOを意識した記事執筆が必要

文字単価1.0円未満の仕事は主に初心者・未経験者を対象にしているため、あらかじめ記事のキーワードや執筆マニュアルが用意されていたりすることが多くあります。

そのため、執筆マニュアルをもとに情報収集をして、記事を書いていけば大丈夫です。

これからWebライターにチャレンジしたい!と考えている初心者・未経験者の方は、「初心者歓迎」「未経験可」などの案件を探すことをおすすめします。

ただし、0.5円程度と低い単価になってくると、クラウドソーシングサイトのシステム利用料を差し引かれたものが報酬となる為、貰える金額が減ってしまいます。

そのため、できる限り文字単価1.0円に近い案件で、「初心者歓迎」、「未経験可」となっている条件を探して応募をしてみましょう!

少し文字単価1.0円は高いと感じる方もいるかもしれませんが、そこは臆する事なく挑戦していく事をおすすめします。

中堅Webライターの単価相場

ある程度Webライターの仕事に慣れてくると、文字単価1.0円以上の仕事も獲得できるようになってきます。

文字単価1.0~2.0円になると、決められたルールを守り、自ら情報収集して執筆することが求められます

この時点ではまだ、執筆マニュアルなどが準備されていますが、記事の見出しや構成の検討をお願いされる事が多いです。

流れとして、記事構成検討→チェック→記事執筆→校正→納品というように要所でチェックが入るので、記事執筆をしていく上では安心して執筆できます。

また、中堅になってくるとWordPressなどの入稿作業が入ってきます。そのため、入稿作業ができるようにツールの使用方法を理解しておく必要があります。

記事執筆の文字単価を上げたいのであれば、事前に、WordPressの使い方を覚えておくと有利です。

せっかくWordPressの使い方を学ぶのであれば、自身でブログなどを運営してみると良いでしょう。

ブログ運営をするメリットとして、

  • 記事の書き方を学べる
  • SEOの知識が身に付く
  • WordPressを学べる

日頃から自身の市場価値を高めていく為にはWebライターに、必要スキルを身につけていく為にもまずは、始めてみてはいかがでしょうか。

以下の記事でサーバー契約からWordpressの契約まで、WordPressをすぐに始められる方法を解説していますので、始めようと検討している方はぜひ、ご参考ください。

上級者Webライターの単価相場

Webライターの場合、文字単価3円以上になると何かしらの専門性が求められることがほとんどです。さらに、個人のクライアントはほとんどいなくなり、企業と契約する事が多くなってきます。

やはり、個人より企業の方が予算としても豊富に持っている為、単価相場としても高くなる傾向があります。

さらにクラウドソーシングでの一般募集は少なく、個別依頼で長期契約をする事がほとんどです。

また、さらに最上級になってくると文字単価も10.0円と高額になる事があります。

文字単価10円以上になるときは、Webライター自身のスキルやクライアントの予算、執筆テーマ、作業内容などにより決まることが多いです。

さらに、記事の企画から担当するケースが多いため、文字単価で契約するより記事単価や時給で契約する人が多いのではないでしょうか。

私自身は文字単価2.0円が最大ですが、記事構成から検討をお願いされています。ジャンルやテーマによって難易度は変わります。

Webライターの単価をアップさせる方法

Webライターとして活動を始めていけば、そのうち単価が高い仕事をしたいと考える人も多いのではないでしょうか?

ここでは、Webライターが単価アップするための方法について解説します。

なかなか単価が上がらず悩んでいるWebライターの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スキルアップをして自分の市場価値を高める

Webライターの仕事だけではないですが、「誰でも簡単にできる作業」にはなかなか付加価値が出にくいのが現実です。

そのため、単価アップを目指すのであれば、自分自身のスキルを伸ばしていくなど自分の市場価値を高める必要があります。

例えば、どんなジャンルでも情報を集めて正確に記事にまとめる事ができたり、不動産や金融など専門性を身につける、将来的にはいろんな人を指導する側に回るディレクター業務を行えるようにするなどWebライターとしてやれる業務の幅を広げる事を行なっていきましょう!

案件をたくさん行い、実績を積み重ねる

少し根性論が含まれていますが、文字単価を上げてもらうにはある程度の実績を積まなくてはいけません。

案件をいち早く獲得して、実績を積むならクラウドワークスやランサーズなどで単価の良い案件に応募をしていきましょう!

そうする事で実績を証明する事ができて、単価の高い案件も獲得しやすくなるでしょう。

直接、単価アップの交渉をする

長く継続している案件があった場合、今の単価より上げて欲しい時は自分から単価アップの交渉をしていきましょう!

クライアント側から単価アップを提案してもらえることはかなり稀です。クライアント側としては安くやってもらえた方が予算も抑えられるからです。

作業量を増やして収入アップを目指す方法もありますが、できれば、単価を上げて少ない案件数で収入アップを目指した方が自身の負担も減り記事執筆の質も上がります

単価アップをして欲しいなら、単価交渉は避けて通れない道になるでしょう。

単価交渉の仕方やタイミングは様々ですが、追加案件がきた場合や自分の受注している案件単価が上がってきて1つの継続案件が終わったタイミングで行うのがベストです。

私自身も何度も単価交渉をしてきました。相談をすればクライアントも親身に考えてくれる方が多いので臆する事なくタイミングをみて行ってみてください。

Webライターの単価相場と単価アップ交渉のまとめ

Webライターの報酬は文字単価もしくは記事単価で計算されることが多い事をご理解いただけたでしょうか。

Webライターをやるのであれば文字単価の相場と特徴を知り、自分に適した仕事を受注していきましょう!

そして、単価を早くアップしていくには、それに見合ったスキルとスキルを学ぶ始めが肝心です。

まだ、何も知識がない状態でWebライターを始めても何をしていいのか、案件の獲得方法もわからない事が多くあります。

そのため、間違った知識を習得しない為にもWebライター経験者に教えてもらう事が1番良いです

そこで、おすすめしたいのがWebライター専門の講座やスクールを受講する事です。

経験豊富なWebライターの講師が基礎知識を徹底的に教えてくれて、スキル習得後も案件獲得のフォローをしてくれるので安心してWebライターとして活動ができます。

ここでは、おすすめなWebライターの講座、スクールを2つ紹介します。是非、参考にしてみて下さい。

あなたのライターキャリア講座

引用:あなたのライターキャリア講座

副業Webライターとしてしっかりとスキルを身につけたい人には「あなたのライターキャリア講座 」を受講してみてはいかがでしょうか。

ライティングに必要な文章を書くために必要な基礎思考力が身につきWebライターとして稼げる文章力を学ぶことができます。

あなたのライターキャリア講座では、独自の思考力を向上させるカリキュラム「LOPREQ(ロプレック」が導入されています。

文章力も大事とされていますが、プロのWebライターとして以下の4つを重要としています。

  • LOGIC:論理の構築
  • PLOT:伝える順番の設計
  • REACTION:反応の予測
  • QUESTION:疑問の解消

この4つを意識することが文章を扱う上で大切なポイントになります。

あなたのライターキャリア講座」のおすすめのコースは「スタンダードコース」です。

講座名あなたのライティング講座
コース料金スタンダードコース:99,800円(一番人気)
マンツーマンコース:299,800円
セルフコース   :49,800円

※第1回の講義から20日間、全額返金を保証!!
ポイント1回の講義は60〜90分(全10回)
プロの添削が5回(1年間有効)
オンラインで受講が可能
LINEにて講師に好きなだけ質問が可能
キャリアプランの相談も可能
公式サイトhttps://yosca.jp/school/career/

第1回の講義から20日以内であれば全額返金保証が付いているため、試しに第1回の講義を受けてみて自分には合わないなと思えばやめることも可能なため、損する心配もなく、安心して受講することが可能です。

少しでも「あなたのライターキャリア講座」が気になる方は資料を請求してみて、どのようなカリキュラムが取り揃えているのか確認をしてみてください

さらに、気になることがあれば無料相談をすることも可能なので、不安なことや気掛かりなことなど相談をしてみてください。

こういったことも安心して始められるためにも重要なため、気軽に相談をしてみましょう

SHElikes(シーライクス)

シーライクスのライターコースは、初めてWebライティングに挑戦をしたい方にも受講しやすい内容になっています。

フリーライターとして活動している講師の方から実践を交えたライティングスキルを学ぶことができるので、より専門的な分野に必要なスキルを身に付けることができます。

シーライクスは女性向けのWEB系スクールとなっており、フリーランスとして活動していくためのスキルを身につけるための講座をおしゃれな教室で受講が可能です。

また、インタビューができるライターを目指す姿としており、実際に取材のスキルまで学べるWebライティングスクールは少ないため、取材ライターになることを目指している女性の方には特におすすめです。

講座名SHElikes Webライティングコース
コース料金【受け放題プラン】
12ヶ月プラン:13,567円
6ヶ月プラン:15,547円
月額プラン:16,280円

【月5回プラン】
12ヶ月プラン:8,984円
6ヶ月プラン:10,047円
月額プラン:10,780円

+162,800円の入会金
ポイント無料体験・相談あり
累計参加者6万人、参加者満足度91%!
オンラインで受講が可能
女性のためのコースが充実
お洒落な教室(銀座・表参道・名古屋)
公式サイトhttps://shelikes.jp/

まずは無料体験や相談ができるので、参加者満足度91%を誇る無料体験レッスンを体験してみるといいでしょう!

文字単価を早くアップしてもらうためにも基礎知識を身につけて活躍できる準備をしていきましょう。

独学で学ぶには時間と忍耐力が必要でなかなか継続していくのは難しいですが、スクールに通うことで同じ目標を持った仲間と学ぶことができます。

仲間と一緒に学んでいきたいと考えている人是非、スクールに通うことを検討してみてはいかがでしょうか。

@Sho_Ceed

この記事を書いた人

しょうしーど
しょうしーど
33歳の2児のパパです。
9年目サラリーマンの仕事術や育児、キャンプに関する情報を配信しています。
本業と副業を両立しながら家族を幸せにする計画を実行中です。

将来の収益化に向け、日々Webビジネスを独学で勉強中です。
ぜひ、皆さんと一緒に成長していく仲間を募集してます!一緒に切磋琢磨していきませんか?

コメント