案件獲得率を上げる方法を公開!コツを理解して受注率アップしよう!

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

副業

案件を獲得したいけど、なかなか受注できない

もっと案件獲得率をアップさせたい

フリーランスや副業をしている人で仕事を受注するのに多くの方が利用しているのがクラウドソーシングサイトです。

しかし、競合がたくさんいてなかなか案件を獲得できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

できる事なら案件獲得率を上げて、効率よく案件をこなしていきたいですよね。

そこで、この記事では案件受注率が上がらない方に向けて案件率を上げる方法について詳しく解説をしていきます。

この記事を読む事で、案件受注率が上がる方法やコツを理解できるようになり、案件受注率が上がるようになるかもしれません。

この記事は以下の内容を書いています
  • 副業、フリーランスの仕事の探し方がわかる
  • 案件受注率を高くする方法が理解できる
  • 受注率を高くするために効率的にスキルを身につける方法が知れる

それでは、早速スタートします。

※この記事の作成者

ブログ歴3年6ヶ月副業歴2年5ヶ月
現在は仕事や副業に関するブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




副業は案件獲得率で収入が変わる

正社員と副業の違いは仕事の請負い方など様々ありますが、1番の違いは安定した収入が得られるかどうかではないでしょうか

正社員なら、悪く言えば仕事をしてなくても出社するだけで毎月、給料が支給されます。

それに比べ副業は自分で案件を探して、営業をして自ら動いて獲得する必要があります。

そのため、基本的に副業は自分がやった仕事が、そのまま収入へと直結します。逆に言えば自分から動かないと全く収入が入ってきません

自分ができることで収入につながる仕事を探すしかありません。そのため、副業で案件獲得率を上げることは収入に直結してきますので、とても大切です。

副業の仕事の探し方

副業になれば会社での働き方とは違い、自分で営業活動をして仕事を獲得しなければなりません。

この営業活動がとても難しいです。営業をやった事がある方なら経験を元に活動をしていけますが、これまで営業活動をしたことがない方は最初は営業の方法がわからず苦戦する方も多いでしょう。

そこで、まずは、副業の仕事の探し方について以下、3つについてご紹介します。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • エージェントサイトを利用する
  • 知り合いから紹介をしてもらう

それでは、順番に解説していきます。

クラウドソーシングサイトを利用する

案件を探す際に最も早く、獲得できる方法が「クラウドソーシングを利用する」ことです。

クラウドソーシングではWebライターやWebデザイン、アプリ開発、英語翻訳、マーケティングなどさまざまな「仕事」が集められています。

副業、フリーランスはその募集に対して応募し、双方で合意ができればその仕事を受注することができます。

クライアント=発注者、フリーランス=受注者というイメージです。

クラウドソーシングはアピールの結果次第で誰でも簡単に、Web上で案件を獲得することができます。

しかしクラウドソーシングは獲得報酬からシステム利用料が10〜20%も引かれてしまうので、全体的に単価が安くなってしまうのが難点です。

メリットとしては、実績、経験を積む事ができる事です。

副業の活動を始めたばかりの時は営業の方法や案件の請負方、納品方法など一連の流れが分からない事が多いです。

しかし、クラウドソーシングサイトを利用することで、手軽に経験できるのは助かります。

まだ「スキルが足りない」「経験が浅い」という場合は利用を検討する事をしてみて下さい。

エージェントを利用する

専門スキルがあるけど、案件がなかなか獲得できないという方にオススメなのが「エージェントを利用する」方法です。

エージェントに任せることで、以下のメリットがあります。

  • 案件の獲得を代行してやってくれる
  • 希望通りの案件を獲得できる。
  • 仕事に集中できる

案件獲得に必要な時間を割かなくてよくなり、作業に集中することができます。

さらに、単価も希望通りに進められるのもエージェントを利用するメリットではないでしょうか。

やはり自分一人で案件を獲得しにいくのは、交渉が上手くいかずに時間がかかり、焦ると低単価で仕事を受けてしまうこともあります。

エージェントという第三者のサポートを受けることによって、適正単価で仕事を受けることができます。

副業は限られた時間で営業や案件をこなしていかなくてはいけません。自分の方向性を鑑みて利用するか判断していくことをオススメします。

知人から紹介をしてもらう

仕事を見つける上で最も楽な方法が、「知人から紹介してもらう」方法です。

SNSやクラウドソーシングが発達した今、絶対に必要というわけではありませんが、しかし、独立となるとどうしても人脈から得る効果は大切です

独立した最初のお客様が、前職のお客様というケースもよく聞きます。そこから紹介から派生して案件を獲得している方も多くいます。

もちろん、全くの人脈ない状態から副業を始めたという方も数多くいます。

ただし、人脈のある・なしでは案件獲得率や案件単価に大きな差が生じます。やはり、信頼度や自分のスキルを知っている状態では大きな違いがあるからです。

そのため、知人から案件を紹介してもらえる目処がある方は是非、相談をしてみる事をおすすめします。

副業の案件獲得率を上げるコツ

ではここからは、案件獲得率を上げるコツを順を追って解説していきます。

ポートフォリオを作成する

まずは、自分の実績・スキルがわかるポートフォリオを作成しましょう

副業の案件を手に入れるためにもポートフォリオがあった方がクライアントへアピールできる材料を整理して提示する事で案件の獲得率も違いますし、高単価の案件を獲得できる可能性も上がります。

まだ作成したことがないという方は是非、ポートフォリオの作成から始めてみて下さい。

副業の実績を作る

ポートフォリオができたところで、続いては実績を積んでいきます

クラウドソーシングサービス(ランサーズ、クラウドワークス)に登録し、簡単な案件を受注し、実績を積んでいきましょう。

クラウドワークスとランサーズの始め方は以下の記事で紹介をしているので参考にしてみてください。

それと、実績を積むのは副業に慣れるという目的はもちろん、「クラウドソーシングで案件を受注したことがある」という実績作りになり、より案件獲得率単価UPも狙えます。

案件獲得率を上げる応募文を作る

案件を獲得するにはポートフォリオの提示と案件をやりたい意思を伝える応募文を書く必要があります。

応募する際のメッセージとしてやっておきたい事、意識しておきたい事が以下、3つです。

  • 募集条件の回答をする
  • 過去の記事を提出する
  • 読みやすいメッセージを意識する

まずは募集内容を丁寧に読み、クライアントが募集する目的応募時の条件、必要スキルなどが書かれている場合かあるので必要事項は漏れなく伝えておきましょう。

しっかりと伝えないと応募条件と合致していなかったなど、クライアントに違った認識をさせてしまうのを防止するためです。

お互いの時間と労力を無駄にしないためにも、募集内容を丁寧に読む事が大切になります。

次に必要なのが過去に執筆した記事を提出する事です。

クライアントに自身のスキルを知ってもらうには今までやってきた事を提出するのが1番わかってもらえます。そのため、可能な限り伝えられることは提出しましょう。

もし、例えば、Webライターであれば自分のブログを、Webデザイナーであればデモ作成したデザインを提出してみましょう。実績としてアピールでき、スキルの証明になります。

最後に読みやすいメッセージを意識する事です。

読みにくい、わかりづらいメッセージを送ってしまうと、クライアントがわかりづらく伝えたい事が伝わらず誤った判断をしてしまう可能性があります

応募メッセージからどういう人なのか確かめられている意識で、書くようにしましょう!

案件獲得率の上がる応募メッセージ

ここでは、案件の獲得率を上げるための応募メッセージの例をご紹介します。

〇〇様 

はじめまして!

しょうしーど、と申します!

本業をしながら、隙間時間にWebライター、Web制作の副業フリーランスとして活動をしています。
さて記事作成についてですが、すでに100件以上の記事作成、リライトに関わらせていただき、上位検索に表示される記事も担当をさせてもらったことがあります。ぜひ、私の経験を活かしたいと考えておりますので、応募をさせていただきました。

〇〇様からのご要望について回答させていただきます。

以下、ご要望回答

・週/月にどのぐらい納品できますか?

 ⇨1記事5,000字程度であれば週に1〜2本ほど
  月に最大10本は執筆することが可能です。

・コミュニケーションツールとしてチャットワークス、Slackなどの利用は可能ですか?

 ⇨チャットワークス、Slackは現在も利用しており、どちらでも対応可能です。

・WordやGoogleドキュメントを利用できますか?

 ⇨はい。どちらも利用実績がある為、対応可能です。

【実績について】
Webライターとして2021年7月から活動をしております。記事作成の実績本数は100本以上、中にはGoogle検索順位で上位記事の執筆も経験があります。
SEOを意識した記事執筆を行うことも可能です。 

【納期について】
柔軟な対応が可能です!
目安として3000〜5000字であれば1週間程度で納品が可能です。
その他、ご要望がありましたらお気軽にご相談をしてください。

【守秘義務】
お預かりしたデータ・原稿は、納品後、情報保護の観点から破棄します。

以上となります。前向きにご検討いただけますと幸いです。
よろしくお願いします!

あくまでも一例なので、自身で「これは使える!」と思うものはどんどん、利用して下さいね。

案件へ応募するときの注意点

案件に応募する時はいくつか注意すべき点がありますので紹介していきます。

注意点としては以下、3つありますので順番に解説をしていきます。

  • 業務量に応じた報酬を受け取れるか
  • 契約内容を確認する
  • スケジュール上問題ないか

それでは、順番に解説をしていきます。

業務量に応じた報酬を受け取れるか

副業初心者の方が、最初にやってしまいがちなのが、実績がないため報酬金額の低い案件に応募してしまうことです。

しかし、初心者であっても、業務量に見合った報酬が設定されている案件に応募する事を心掛けましょう。

大体の仕事は成果報酬制であることが多く、報酬計算は「文字単価1.0円」「1案件5,000円」といった単価が設定されている事がほとんどです。

まずは、案件に応募する前に、「この案件の作業内容と単価が妥当なのか」を確認します。

■5000円の案件を受注した場合
5000円÷5時間=1000 時給換算1000円
8時間かかる場合 5000円÷8時間=625 時給換算625円

■単価5円のデータ入力なら
1時間に100件納めた場合 5円×100件=500 時給換算500円
1時間に200件納めた場合 5円×200件=1000円 時給換算1000円

このように、大まかな計算をして、作業量と報酬額のバランスに納得のできる案件を受けるようにしましょう。

契約内容を確認する

副業として働く場合は、契約内容をしっかり確認しておきましょう。

企業に雇用されて働くときと異なり、副業の場合自己責任で対応する必要があります。

そのため、仕事の内容や契約事項、個人情報の取り扱い内容に目を通して疑問点や不審点がないようにしておきましょう。

クラウドソーシングサイトを利用する場合は、サイトごとに禁止事項などルールがあるので注意が必要です。

同時に、運営会社のルールを遵守している信頼できるクライアントと契約するようにしましょう。

スケジュール上問題ないか

副業の案件応募を行う上で、スケジュール管理をできるようにしておきましょう。

案件の納期、業務量からクライアントが求める納期に間に合わせなければなりません。

しかし、スケジュールを把握していなければ、以下の問題につながってしまう可能性がある。

  • 案件を受けすぎてしまう
  • 締め切りを守れない
  • クライアントの信頼度が下がる

スケジュール管理が苦手な方は、手帳やエクセルなどで今、請け負っている案件と納期を見える化しておくことをおすすめします。

仕事の進捗状況を把握できるようなる他、新たな案件を請け負っても大丈夫なのかが見えるので案件調整ができます。

案件獲得率を上げるため、短期間でスキルを習得する方法

ここからはWebライターのスキルをいち早く身につける方法について詳しく解説をしていきます。

スキルを身につける方法として以下2つがあります。

  • ライティング講座を受ける
  • Webライター関連の企業に就職・転職する

無知の状態でWebライターとして活動をするのは不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そういった方は講座を受講するか、企業へ就職・転職することでスキルを身につけて、Webライターとして活動を始めるための準備をするとよいでしょう。

そして、スキルを身につけた後は、そのまま就職・転職で仕事をするか、副業として活動できる幅も広がるので、有利に進められる事ができます。

ライディング講座を受ける

まずは、おすすめなライティング講座を3つ、ご紹介します。

  • あなたのライターキャリア講座
  • SHElikes(シーライクス)
  • ライティングハックス

順番に説明していきます。

あなたのライターキャリア講座

副業Webライターとして基礎スキルを身につけたい人には「あなたのライターキャリア講座 」を受講してみてはいかがでしょうか。

ライティングに必要な文章を書くために必要な基礎思考力が身につきWebライターとして稼げる文章力を学ぶことができます。

あなたのライターキャリア講座では、独自の思考力を向上させるカリキュラム「LOPREQ(ロプレック」が導入されています。

文章力も大事とされていますが、プロのWebライターとして以下の4つが重要と掲げています。

  • LOGIC:論理の構築
  • PLOT:伝える順番の設計
  • REACTION:反応の予測
  • QUESTION:疑問の解消

この4つを意識することが文章を扱う上で大切なポイントになります。

あなたのライターキャリア講座」のおすすめのコースは「スタンダードコース」です。

講座名あなたのライティング講座
コース料金スタンダードコース:99,800円(一番人気)
マンツーマンコース:299,800円
セルフコース   :49,800円

※第1回の講義から20日間、全額返金を保証!!
ポイント・1回の講義は60〜90分(全10回)
・プロの添削が5回(1年間有効)
・オンラインで受講が可能
・LINEにて講師に好きなだけ質問が可能
・キャリアプランの相談も可能
公式サイトhttps://yosca.jp/school/career/

あなたのライターキャリア講座は第1回の講義から20日以内であれば全額返金保証が付いているため、試しに第1回の講義を受けてみて自分には合わないなと思えばやめることも可能です。

そのため、講座選びに失敗もせず、損する心配もなく、安心してスキルを身につけられるかの判断ができます。

少しでも「あなたのライターキャリア講座」が気になる方は資料を請求してみて、どのようなカリキュラムが取り揃えているのか確認をしてみるといいでしょう。

さらに、気になることがあれば無料相談をすることも可能なので、不安なことや気掛かりなことなど、気軽に相談をしてみてください。

相談をできるのも安心して始められる重要な項目だと思うので、気軽に相談をしてみましょう

SHElikes(シーライクス)

シーライクスのライターコースは、初めてWebライティングに挑戦をしたい方にも受講しやすい講義内容が詰まっています。

フリーライターとして活動している講師の方から実践を交えたライティングスキルを学ぶことができるので、同じようにフリーランスで活動を考えている方にはWebライター以外のことも学べることができます

シーライクスは女性向けのWEB系スクールとなっていて、講座を受ける教室もおしゃれな場所で勉強をすることが可能です。

また、インタビューができるライターを目指す姿としており、実際に取材のスキルまで学べるWebライティングスクールは少ないため、取材ライターになることを目指している女性の方には特におすすめです。

講座名SHElikes Webライティングコース
コース料金【受け放題プラン】
12ヶ月プラン:13,567円
6ヶ月プラン:15,547円
月額プラン:16,280円

【月5回プラン】
12ヶ月プラン:8,984円
6ヶ月プラン:10,047円
月額プラン:10,780円

+162,800円の入会金
ポイント・無料体験・相談あり
・累計参加者6万人、参加者満足度91%!
・オンラインで受講が可能
・女性のためのコースが充実
・お洒落な教室(銀座・表参道・名古屋)
公式サイトhttps://shelikes.jp/

まずは無料体験や相談ができるので、参加者満足度91%を誇る無料体験レッスンを体験してみるといいでしょう!

ライティングハックス

ライティングハックスは高単価なWebライターを目指す講座が取り揃えており、基本的には77本の動画による解説をメインとしています。

株式会社スキルハックスが運営する現役の講師による未経験からでも基礎から実践までの知識を身につけることができます。

また、ライティングハックスは一度、加入してしまえば、動画は永久的に閲覧が可能なので、忘れてしまっても見返すことができます。また、追加料金なしで質問対応や添削サポートを受けれます。

しかも、現役のWebライターが講師を務めているため、スキルを着実に身につけることができるでしょう。

講義のサンプル動画もあるので、是非、視聴してみて講義を体感してみてください。

講座名ライティングハックス
コース料金69,800円(税込)
※2023年1月6日より89,800円に改定される予定
ポイント・LINEによる無制限サポート
・動画によるオンライン受講が可能
・永久的にカリキュラムを閲覧可能
・他のスクールより安価に受講することができる
公式サイトhttps://skill-hacks.co.jp/writing-hacks/

Webライター関連の企業に就職・転職する

次にWebライターとしてスキルを身につける方法として、Webライターを専門にやっている企業を探し、就職することです。

実際に会社に就くことで、Webライターの基礎知識から案件を実践することでスキルを身につけることができます。

実際に企業に就職するには転職サイトなどの利用が必要となります。そこで、転職支援サイトとしておすすめなのが、以下の2つです。

  • DODA
  • リクルート

それでは順番に紹介をしていきます。

DODA

経験者や即戦力人材の採用を得意とする求人サイト「doda」は株式会社パーソナルキャリアが運営する転職サービスで、最も利用者が多い転職サポート会社の1つです。現在、700万人以上の登録者がいて日本最大級の会員数がいます。

専門性を持った求職者の採用も期待でき、求職者が自分にぴったりの求人情報を探すことができます。さらに、求人を探せる転職サイト、転職エージェント、スカウトの3つのサービスを同時に利用することができます。

仕事を探したいだけなら転職サイトとして利用し、自分では探すことが不安であればプロに協力してもらえる転職エージェントを活用してみてください。

さらに、転職をするのに不安であれば転職のノウハウガイドが公開されています。そのため転職に必要なものや履歴書のテンプレートから志望動機の書き方などが詳しく解説されているので、是非、参考にしてみてください

転職サイトdoda
登録料無料
ポイント・転職者満足度No.1
・転職サイト・エージェント・スカウトの3つのサービスが利用できる
・イベントが充実している
・スカウトが多い
・アフターフォローがしっかりしている
公式サイトhttps://doda.jp

リクルート

採用活動、特に転職活動を行う際に利用候補にあがるのが、リクナビNEXT(リクナビネクスト)ではないでしょうか。

利用をしたことない人もリクナビNEXTと聞いてなんとなく知っている方も多いと思います。リクナビNEXTの特徴の1つに会員数の多さがあります。日本最大級の利用者を誇り、1,000万人を超える方が登録をしている求人メディアです。

また、35歳以下の若手も多く登録しています。新規会員登録者のうち35歳以下は68%と半数以上の方が35歳以下となっています。

リクナビNEXTは中小企業から大企業まで、幅広い企業様に利用されています。実際、リクナビNEXTご掲載企業のうち、従業員数50名以下の企業様は50.4%。1001名以上の企業様は14.3%となっているので、企業規模に関係なく求人情報が掲載されています。

転職サイトリクナビ NEXT
登録料無料
ポイント・実績No.1の転職エージェント
・転職者の約8割がリクナビNEXTを利用
・1,000万人を超える圧倒的な会員数
・企業からの積極アプローチで採用率アップ
公式サイトhttps://next.rikunabi.com/

案件獲得率を上げる方法のまとめ

案件の獲得率を上げるためには自分をアピールできるかが重要になります。

基本的にネットワーク上でのやりとりになるので、顔を合わせることなく文字で表現をしていかなくてはいけません。

そのためにアピールできるスキルを保有することや実績をつくることが一番大切になります。

スキルを身につけて、クライアントにアピールできるようにレベルアップしていくことを心がけていきましょう。

@Sho_Ceed

コメント