副業初心者必見!Webライターにおすすめなクラウドソーシングサイトを紹介

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

Webライター

どのクラウドソーシングサイトを選べば良いのかわからない

Webライターの案件を獲得するのにおすすめのクラウドソーシングサイトが知りたい

副業でWebライターを始めたけど、案件を獲得出来ず、上記のように悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事では、副業初心者向けにWebライターにおすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介します!

この記事を読む事でWebライターの案件を獲得できるようになり、スムーズに活動ができるようになるでしょう。

この記事は以下の内容を書いています
  • Webライターのおすすめのクラウドソーシングサイトがわかる
  • クラウドソーシングサイトの選ぶ方法が知れる
  • Webライターがクラウドソーシングサイトの活用方法がわかる

それでは、早速スタートします。

※この記事の作成者

ブログ歴3年6ヶ月副業歴2年5ヶ月
現在は仕事や副業に関するブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




クラウドソーシングサイトって何?

クラウドソーシングサイトとは、簡潔にいうと「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」のマッチングサービスです。

依頼主(クライアント)がプロジェクトの詳細や要件、納期、予算などを投稿します。

それに対して、クラウドソーシングサイトに登録している多くのフリーランスや個人事業主の方が応募し、自分のスキルや能力をアピールします。

さらに様々な業種や仕事に対応しています。

例えば、ウェブ開発、ソフトウェア開発、デザイン、ライティング、翻訳、ビデオ制作、マーケティング、データ入力など、幅広いスキルや専門知識を持つ人々が参加しています。

副業を始めた頃は人脈もなく、個人で営業をしてもなかなか案件を獲得するのは難しいです。しかし、クラウドソーシングサイトを利用する事で案件獲得の難易度を下げてくれます。

豊富な案件を取り扱っており、多くのWebライターが利用しているサイトです。

クラウドソーシングサイトのメリット

クラウドソーシングサイトを利用するメリットについて3つ、ご紹介します!

  • 多様な分野の仕事が揃っている
  • 柔軟な働き方ができる
  • 安定した収入を確保する事ができる

それでは、順番に解説をしていきます。

多様な分野の仕事が揃っている

クラウドソーシングサイトでは、様々な業界や分野からの仕事の依頼があります。

アプリ開発やWebデザイン、ライティング、プログラミング、翻訳など、自分のスキルや専門知識を踏まえて、様々な仕事を選択することが可能です。

さらに、外部のクライアントと繋がる機会も得られるので人脈も増やす事ができるでしょう

柔軟な働き方ができる

クラウドソーシングサイトを利用することで、場所や時間に決められずに仕事を受注することができます。

自宅やカフェ、海外旅行先など、自分が働きたい場所で仕事ができるため、自分のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能です。

また、仕事の量やスケジュールも自分で調整できるため、自己管理がしやすくなります。

安定した収入を確保する事ができる

多くのクライアントやプロジェクトが存在し、常に新しい仕事の機会があります。

これにより、仕事の入手源を多様化することができ、収入の安定化また、仕事をこなしていき、クライアントから評価をしてもらい、クライアントからのリピート依頼や口コミによる新規の仕事の獲得にもつながる場合があります。

クラウドソーシングサイトのデメリット

クラウドソーシングサイトを利用するデメリットについて3つ、ご紹介します!

  • 案件の競争率の高さ
  • 報酬が低い
  • 案件数が安定しない

案件の競争率の高さ

クラウドソーシングサイトでは、多くの方が同じ案件に応募するため、競争率が高いです。

1つの案件に20〜30人が応募することは珍しくありません。

仕事の獲得には他の方との違いをアピールする競争力が必要なため、新規参入者や未経験者にとっては難しい場合があります。

報酬が低い

クラウドソーシングサイトでは、仕事をする人が案件に応募をして、クライアントが選ぶ形式が一般的です。

競争が激しいため、自分を選んでもらうために受注者は低い報酬で請け負うことをする場合があります。

また、一部のクライアントは報酬を低く設定し、受注者側が得しない案件を紹介してくる可能性もあります。

案件数が安定しない

仕事の案件数が安定しません。

仕事が豊富な時期と閑散期がもあり、受注者は安定した仕事量を確保することが難しい場合があるため、収入の安定性が低くなる可能性があります

副業・フリーランス用のエージェントを利用も検討する

クラウドソーシングサイト以外にも副業・フリーランス向けのエージェントサイトがあります。ここでは、おすすめのエージェントをご紹介します。

クラウドテック

クラウドテック は株式会社クラウドワークスが運営するエージェントです。

クラウドテックの特徴としては以下です。

  • 週3〜4日の案件が多数揃っている
  • 登録社数は74万件と業界トップクラス
  • 継続率は90%!長期的に働ける環境をサポートしてくれる
  • ベビーシッターなどの会員特典がある

クラウドテックは、リモートや週3〜4日稼働の案件を探している方におすすめなフリーランスエージェントです。

募集案件の85%以上(2023年3月時点)が在宅・リモートワークで働ける案件となっていて、自宅にいながら仕事をすることが可能です。

また、企業登録数も70万社以上と他のフリーランスエージェントと比較しても多く、ベンチャー企業から大手企業まで様々な求人があることも特徴で自分の希望に合う仕事を獲得しやすい点もおすすめです。

サービスへの登録からお仕事ができるまで平均で2週間~1ヵ月程度となっており、仕事へ参画できるまでサポート体制が整っているため他のフリーランスエージェントと併せて登録しておくと良いでしょう。

副業Webライターにおすすめなクラウドソーシングサイト5選!

それでは、Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを5つご紹介します。

是非、参考にしてみてください!

クラウドワークス

運営会社株式会社クラウドワークス
利用者Webライター / デザイナー / web制作 / アプリ開発 / 動画編集 etc…
登録料無料
システム手数料5〜20%
仕事形式タスク形式 / コンペ形式 / プロジェクト形式
報酬の支払い1,000円以上もしくは50,000円以上になったら振り込み
公式サイトhttps://crowdworks.jp/

まず最初に紹介するのは「クラウドワークス 」です。

クラウドワークス 」は、登録者数が国内最大のクラウドソーシングサイトで、約100万人を超えるフリーランスや副業をしている方が登録してます。

掲載されている仕事の幅もかなり広く、アンケートやデータ入力といった単純作業から、Webライターが行うライティングや翻訳などの作業系、Web制作、アプリ開発など専門スキルが求められる高単価な案件も揃っています

案件数は他のクラウドソーシングサービスと比べると圧倒的に多いので、持っているスキルに合わせて様々な案件に応募することができます。

クラウドソーシングに興味があり登録したいと考えている方に、簡単に登録ができる方法を詳しく解説をしています。是非、参考にしてみてください。

ランサーズ

運営会社株式会社ランサーズ
利用者Webライター / デザイナー / web制作 / アプリ開発 / 動画編集 etc…
登録料無料
システム手数料5〜20%
仕事形式タスク形式 / コンペ形式 / プロジェクト形式
報酬の支払い1,000円以上もしくは50,000円以上になったら振り込み
公式サイトhttps://www.lancers.jp

次にご紹介するのが「ランサーズ」です。

ランサーズ」は2008年に設立された登録ユーザー数約110万人、仕事依頼数約235万件の国内最大手クラウドソーシングサービスを提供しているクラウドソーシングサイトです。

ランサーズフリーランス、個人事業主、副業としてやっている人、ママさんなど幅広い人たちが時間や場所、年齢に関係無く自分ができる事、好きな仕事を受けられ、稼ぐ事ができるサービスを提供しています

取り扱っている仕事カテゴリーは、350種類以上あります。

作業系案件(データ入力・アンケート・ライティング)から、Webサイト開発・スマートフォンアプリ開発・Webデザイン系などの専門知識を必要とするシステム開発まで幅広く取り揃えています。

ランサーズの登録方法を図を使って詳しく解説をしています。ランサーズに興味があって始めたいと考えている方は是非、ご参考ください。

ココナラ

運営会社株式会社ココナラ
利用者Webライター / デザイナー / Web制作etc•••
登録料無料
システム手数料10〜25%
仕事形式受注側が提案、価格帯を決める
報酬の支払い161円以上の場合、指定の口座に振り込まれる
公式サイトhttps://coconala.com/

3つ目に紹介するのが「ココナラ 」です。

ココナラ は、ほかのクラウドソーシングサービスと違い、「私はこの仕事をいくらでやります!」と作業する側がまず自分でアピールして(出品)、依頼したい側が購入する形式となっています。

先程、紹介したランサーズやクラウドワークスとは全く違うサービスの形をとなっています。

ランサーズやクラウドワークスは、まず依頼者が募集したい仕事内容を公開し、それにたいして仕事をしたい人が「応募」をしてお互いに合意が得られれば契約となります。

しかし、ココナラは自分のスキルをアピールして、それにマッチした依頼者が購入をする為、登録したらすぐに仕事ができるわけではなく、依頼がくるのを待つということになります

ですので、プロフィールの充実や実績はとても重要で、しっかりとPRしないと全く依頼がこない場合もあります。

ライターステーション

運営会社全研本社株式会社
利用者Webライター
登録料無料※テストあり
システム手数料なし
仕事形式直接案件受注
報酬の支払い成果分を指定の口座に振り込まれる
公式サイトhttps://writer-station.com/

ライターステーション」とは、全研本社株式会社が運営するライターに特化した求人サイトです。

ライターステーションから直接案件を受注するので、ライターステーションと直接契約をして案件をいただく形になります

ただし、ライターステーションから直接案件を受注するには、不定期に行われるテストに合格する必要があります。

合格率としては平均で3割ほどですが、何度でもチャレンジできます。

ライターステーションのライター平均月収は、72,706円でWebライターの平均21,639円の3倍以上もあるのは魅力的ですよね。

この理由として、クラウドソーシングサイトのように手数料が取られない事、ライターステーションにて豊富な案件と予算設定により平均月収が高くなっています。

サグーワークス

運営会社株式会社ウィルゲート
利用者Webライター
登録料無料
システム手数料なし
仕事形式案件受注
報酬の支払いポイント換金性
公式サイトhttps://works.sagooo.com/

サグーワークス」は、ライターステーション同様にWebライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。

サグーワークスの特徴として発注者と受注者の間にスタッフが入ってくれるので、クライアントとのやりとりをしないで案件を受注することが可能です

クラウドワークスやランサーズにはない制度で、初心者の方に取ってはどうやって案件を獲得していけばいいのか悩むところをサグーワークス専任の方がフォローしてくれるのでとても助かりますよね。

案件としても500字以下の簡単なライティング案件が多数取り扱っており、ライティング経験がない方でもライターとして仕事を獲得できます。

報酬の受け取り方も少し特殊で、案件ごとにポイントが設定されていて、1pt=1円で必要な時にポイントを換金するシステムとなっています。

SEOやWordpressなど、特別な知識やスキルがなくても、文章力を身に付けたい方にはおすすめなサイトです。

副業Webライターがクラウドソーシングサイトに登録する方法とやること

おすすめのクラウドソーシングサイトの紹介をしてきましたが、登録後、何をすればいいのかわからない方もいると思うので、ここからは登録方法と、登録後にやることを詳しく解説をしていきます。

会員登録をする

ここではクラウドワークスを例に解説をしていきます。

順番に項目ごとに何を入力していけば良いのか図を使って解説をしていきます。

クラウドワークスのホームページトップに「まずは無料で会員登録」をクリックします

Googleアカウントを持っている場合は、そちらを利用して登録をしましょう。そのほかにもYahooIDやFacebook、そのほかメールアドレスでも登録が可能です。

登録するメールアドレスは副業用に新設することをおすすめします。クラウドワークスから仕事情報などが配信されますので、良い情報を見逃さないためにも副業専用アドレスを持っておくと良いです。

Googleアカウントの認証が終わったら、クラウドワークス内のアカウント情報を入力していきます。

会員登録に必要な情報を入力する
  • ユーザー名  : 好きな名前でOK
  • メールアドレス: 先ほど入力したものが反映されているか確認
  • 主な利用方法 : 仕事を「受注」する、を選択
  • 個人/法人  : 「個人」を選択
  • 氏名     :本名を入力

入力項目としては以上で、最後に入力間違いがないかを確認して「利用規約、個人情報保護方針に同意する」にチェックを入れて「会員登録をする」をクリックすると登録が完了です。

いかがでしたか?入力項目は5つしかなく簡単に登録ができたかと思います。

プロフィールの入力をする

次に、プロフィールを入力していきましょう。

プロフィールは、案件の受注率に関係してくる超重要な項目です。最も、クライアントが注目するポイントなので、すべての項目へ入力をしましょう。特に「自己PR」は重点的に書きましょう。

以下に、例を載せますので参考にしてください。

しょうしーど、と申します
Web制作&Webライターを副業と活動をしています

【自己紹介】
副業でWebライターの活動をしています。

(簡単に自己紹介をしていきます。)

【経歴】
2020年7月〜 ◯◯の活動を開始。
(Webライターの経歴を書いていきましょう。ブログ運用もしていれば、いつ開始したか、URLなど貼り付けておくと良いです)

【実績】
Webライター
 ・執筆実績◯本以上
 ・得意なジャンルは◯◯、▲▲など得意としています
  ※ジャンルは問いません。新しいジャンルでも情報を集め、満足いく記事を執筆することを心がけています。

【可能な業務】
・記事の新規執筆、リライト
・Wordpressの導入、サイト構築、改修

【スキル:歴】
・Wordpress:3年

【稼働時間】
土日祝日を合わせて1日平均2〜3時間程度(週10〜15時間ほど)の作業時間を確保しています
日中も連絡は可能。できる限り素早くレスポンスできるように致します

【納期について】
必ず守ります。※場合によっては相談をさせてください

【守秘義務】
お預かりいただいたデータは納品後、情報保護の観点から削除いたします

【連絡の取れる時間】
LINEやチャットワークであれば迅速に返信することを心がけます
平日:9:00〜24:00
土日祝日:13:00〜24:00

【最後に一言】
常に学ぶ意識をもち何事も前向きにそして積極的に取り組んでいます。
これまでの経験を活かして責任を持ってお仕事をさせていただき、密なコミュニケーションを取り、最後まで満足いただけるよう精一杯、対応いたしますので、ご依頼、ご相談があればお気軽にご連絡ください。

初のWebライター案件に応募する

登録が終わり、プロフィールの入力が終わったところで、案件に応募をしてみましょう!

ここでも、案件獲得率を上げるメッセージの例を載せておきます。どうしていいかわからない方は参考にしてみてください。

〇〇様 

はじめまして!

■■、と申します!

本業をしながら、隙間時間にWebライター、Web制作の副業フリーランスとして活動をしています。
さて記事作成についてですが、すでに100件以上の記事作成、リライトに関わらせていただき、上位検索に表示される記事も担当をさせてもらったことがあります。ぜひ、私の経験を活かしたいと考えておりますので、応募をさせていただきました。

【プロフィール】

・名前:

・年齢:

・Webライター歴:

【実績について】
記事作成の実績本数は100本以上、中にはGoogle検索順位で上位記事の執筆も経験があります。
SEOを意識した記事執筆を行うことも可能です。 

・◯◯の記事

・自身でも「しょうしーどブログ」を運営しております。ご興味がありましたらご参考ください。

 URL:

 運営期間:

 ジャンル:

【納期について】
柔軟な対応が可能です!
目安として3000〜5000字であれば1週間程度で納品が可能です。
その他、ご要望がありましたらお気軽にご相談をしてください。

【連絡手段】

Slack、チャットワークス、Gmailでの連絡が可能です。

【応募条件】

(ここはクライアント側が指定した質問に対して回答をしていきます)

【守秘義務】
お預かりしたデータ・原稿は、納品後、情報保護の観点から破棄します。

以上となります。前向きにご検討いただけますと幸いです。
よろしくお願いします!

副業Webライターがクラウドソーシングサイトで陥りやすい注意点

副業のWebライターがクラウドソーシングで陥りやすい注意点を紹介します。

報酬無しのテストライディング

Webライター案件は、いきなり実案件っというよりかはテストライティングを受けてクライアントが本採用したいかの判断をする事が多いです。

良いクライアントはテストライティングでもしっかりと報酬を支払ってくれます。

しかし、中には極端にテスト報酬が低かったり、まったくの無報酬でテストライディングを受け付けるクライアントもいます。

「テストライディングだから仕方ないか」と考え、無報酬のテストライディングには応募することはやめましょう。

大手クラウドソーシングは、無報酬のテストライティングを禁止しています。

文字単価0.5円以下のWebライター案件

いくら始めたばかりの副業Webライターでも、文字単価0.5円以下の案件には応募することはやめましょう。

仮に、1記事5,000文字の案件を獲得した場合、文字単価0.5円ですら報酬は2,500円です。

記事執筆にかかった時間が8時間だとしたら時給換算で300円にも満たしません。

ここから、システム利用料を差し引いたらさらに報酬が減ります。時給換算すると300円に満たないのであまりにもコストパフォーマンスが悪すぎます。

文字単価の低い案件を行うと苦労した割に報酬が低いため、ただ疲弊するだけでモチベーション低下の原因になります。

そのため、文字単価0.5円以下の案件への応募は避けましょう!

下記、Webライター案件の報酬目安表を作成したので、参考にしてみてください。

ライディングスキルが身につくと強調している案件

中には「ライディングスキルを学びながら稼げます」みたいな案件応募がありますが、単価が低い事が多く、注意が必要です。

例えば以下のような謳い文句がある場合は応募は控えた方が良いです。

・指導を受けながら稼げます

・Webライティングを学びたい方へ

・プロの添削付き!

間違った情報を取得しないためにもWebライティングの勉強をするなら、本や講座を利用することをお勧めします。

Webライターにおすすめなクラウドソーシングサイトのまとめ

今回は副業初心者におすすめするWebライターにお勧めなクラウドソーシングサイトを紹介しました。

サイト名システム利用料特徴
クラウドワークス 20万円以上:5%
10〜20万円以下:10%
10万円以下:20%
タスク形式:20%
・初心者でも簡単に案件を獲得しやすい
・業界最大級の案件数を保有している
・スカウトあり
ランサーズ20万円以上:5%
10〜20万円以下:10%
10万円以下:20%
・案件数・ジャンルが豊富
・安心して利用できる機能がたくさん
ココナラ22%・自分のスキルを販売する
・自分の希望する内容で仕事ができる
ライターステーション無料・運営元から直接依頼がある
・応募時に審査がある
・継続的に案件を受注できる
サグーワークス無料・ライティングに特化したクラウドソーシングサイト
・高単価の案件を受注できる
・スタッフが仲介してくれる

副業Webライターとして活動を始めたばかりの方はクラウドソーシングサイトを活用して案件を獲得するのがお勧めです。

早く案件を獲得する方法を以下の記事で紹介をしているので、興味がある方は併せてチェックをしてみてください。

それでは、また。

@Sho_Ceed

コメント