正社員におすすめの副業7選!副業の始め方や注意点を紹介します!

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています

副業

正社員でもできるおすすめの副業はあるの?

正社員が副業を始めていいの?」

副業を始める時の注意点は?

みなさん!こんにちは!しょうしーど@Sho_Ceedです

最近では、正社員が副業を始める方も増えてきています。

ただ、正社員として働きながら、自分に合った副業が何かわからず、始められないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、正社員におすすめの副業のご紹介と始める上での注意点を詳しく解説をしていきます。

この記事を読むことで、安全に副業を始められる準備ができて、自分に合った副業を行う事ができるでしょう。

この記事は以下の内容を書いています
  • 副業を始める人が増えている理由
  • 副業を始める時の注意点
  • 正社員でもできるおすすめの副業の紹介
この記事を読むメリット
  • 副業をする時の注意点を把握できて安全に行う手段がわかる
  • 自分に合った副業を選択できる情報がわかる

それでは、早速スタートします!

※この記事の作成者

ブログ歴3年6ヶ月副業歴2年5ヶ月
現在は仕事や副業に関するブログ執筆を行いながらWebライター、Web制作を副業として活動中。
少しでも皆さんの悩みを解決できる記事を目指して日々、成長をしていきます。




副業を始める正社員が増えている理由

はじめに、副業を始める正社員が増えている理由について解説をしていきます。

正社員が副業を始める理由としては以下、4つ挙げられます。

  • 副業の収入(追加収入)を得るため
  • スキルアップのため
  • 本業だけでは将来が不安だから
  • 働き方改革の影響のため

それでは順番に解説をしていきます。

副業の収入(追加収入)を得るため

最も、副業を始める理由として考えられるのが副業の収入(追加収入)を得るためです。

正社員が副業をすると、本業の給料にプラスして収入が上がります。今まで、何もしていなかった空いた時間に働けばその分収入が発生し、金銭面で余裕が生まれるでしょう。

本業に支障がない程度の副業であれば、今までやったことがないジャンルにも挑戦する事ができます。

例えば、趣味を仕事にするなど、好きなことを仕事にすることができるのでチャレンジもしやすいですよね。

今よりも金銭的に余裕を持った暮らしをしたいと考える人は、副業をする事を検討してみるといいでしょう。

スキルアップのため

副業をすればスキルアップが狙えます

本業と同じ分野であれば、経験を早く積めるようになりますし、別の分野であればスキルの幅が広がります。

関わったクライアント先によっては、本業ではできないことも任せてもらえる可能性があります。そうなれば、副業の経験で、キャリアアップも目指せるでしょう。

また異業種でも、違う分野のスキルを磨くことで、自分の市場価値をあげることができます。

今後、転職を考えているのであれば、目指す分野で副業をしておけば、スムーズに適応する事ができるでしょう。

本業だけでは将来が不安だから

次に、副業を始める理由として挙げられるのが本業だけでは将来が不安だからです。

本業だけだと収入源としては1つです。しかし、時には会社が傾くことだってあり得ます。

これから、教育費や家の購入を検討していた場合、急な人員削減やボーナスカット、給料が減るかもなんて事で諦めたくないですよね。

やはり、収入源がひとつしかないのは不安なものです。そんな不安を解消するために収入源を複数にして、本業が傾いたときの備えをしていきます。

月々わずかな収入であっても、副業をしていることで不安の軽減ができますよね。

現状、不安定な社会情勢なため、どんな局面でも対応できる方ならいいですが、環境が変わっても対応できるスキルを副業経験から少しずつ習得しておくと安心です。

引き出しが多ければ多いほど、いざというときに役立ちますからね。

働き方改革の影響のため

最後に、働き方改革の影響が副業を始める方が増える理由として挙げられます。

2018年に働き方改革として政府が「副業」を促進する方針を打ち出し、「副業」を禁止していた企業も解禁し始めてきました。

また、新型コロナウイルスの影響や度重なる物価上昇により、今まで以上に収入が必要になってきました。

出費が増える一方で、本業の給料は上がらず、会社に頼るのではなく、自分で稼ぐ力が必要と考える人が増え、結果として副業を始める方が増えてきました。

副業を安全に始める方法

最近では副業を始める方も増え、隙間時間を利用して収入を得る人が増えてきています。たまに、ニュースなどでも取り上げられたりしていますよね。

なお、副業を安全に始めるには以下のことを確認して、安全に始める必要があります。

  • 本業の就業規則を確認する
  • 業務委託契約書はしっかりと確認する
  • クラウドソーシングサイトを利用する

以下では未経験から副業を始める時におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

正社員が副業を始めるための注意点!

副業を始めるには以下の4つ注意点があります。

  • 会社の就業規則を守る
  • 所得が20万円超える場合は確定申告をする
  • 契約内容は中身をしっかりと確認をする
  • 副業を始めるリスクを把握しておく

簡単には始められますが、本業で定められているルールや税金関連の対応もしなくてはいけません。

そこでここからは、副業を行う場合の注意点を紹介します。

会社の就業規則を守る

会社の就業規則は守るようにしましょう

正社員が副業をするには、会社の就業規則で副業を認めているかを確認することがとても重要です。

もし、就業規則に副業が禁止とある場合、知らずに副業をすると規則違反になり、処分の対象になる可能性も考えられます。

会社側としては本業に専念してほしいために副業を禁止しています。

その中で、「副業を行ってもバレなきゃいいんじゃない」と安易な考えで始めることはおすすめしません。

副業で稼げるようになり20万円を超えて確定申告を行えば住民税の通知が会社に行くので会社に副業をしていることがバレます。

そのため、副業をするのであれば、事前に本業の就業規則を確認して、副業を許可しているか必ず確認をしましょう。

また、副業先を探す際にも就業規則を確認しましょう。

本業の会社が副業を認めていても、副業先が認めていないケースがあるためです。なので、応募や面接を行う際には、副業であることを伝えておくと、無理なく仕事を始められるでしょう。

参考先:副業・兼業の促進│日本経済団体連合会

所得が20万円超える場合は確定申告をする

副業で年20万円以上の所得がある場合は確定申告が必要です。

本業だけの給与所得であれば、年末調整をすれば確定申告は不要となります。

しかし、副業の給与所得があれば、本業と副業の給与所得を合わせて所得税を計算する必要が出てきます。

もし、副業の所得が年間20万円を超えているにもかかわらず確定申告しなかった場合は、延滞税や無申告加算税などのペナルティを受けることになるため、しっかりと副業の所得は計算しておき、確定申告をすぐにできる準備をしておきましょう。

参考先:No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人│国税庁

契約内容は中身をしっかりと確認をする

正社員が副業として仕事を行っていくには、業務委託契約を結んだり、単発の案件をクラウドソーシングサイト上で契約をします。

なかには「契約書は交わさない」というクライアントや取引先もいますが、契約書はトラブルが発生したときの法的証拠になるためなるべく締結しましょう

また契約を結ぶときは、契約内容におかしな点がないか確認することが大切です。

特に報酬金額や支払方法、仕事の内容など、お金に関わる項目はトラブルになりやすいので、必ず内容に納得した上でサインしてください。

副業を始めるリスクを把握しておく

副業を始めると以下のようなリスクに遭遇することがあります。

  • 本業のパフォーマンスが低下してしまう
  • 副業詐欺に遭う可能性がある

まず、「本業のパフォーマンスが低下してしまう」ことに関しては副業は、本業以外の隙間時間に行います。

そのため、本来は自分の趣味や休む時間を利用して副業を行いますが、副業に割く時間を取りすぎた場合、心身の疲労につながってしまいます。

疲労がある中で本業に取り組んだ場合、本業に集中することができず、結果としてパフォーマンスが低下してしまいます。

副業に力を入れるあまり、本業が疎かになっては本末転倒と言えるでしょう。

次に考えられるリスクが「副業詐欺に遭う可能性がある」事です。

副業を始めると、以下のような副業詐欺に遭うリスクも発生します。

  • 情報教材の購入
  • マルチ商法の勧誘
  • 稼ぐ方法を教えると称した無益な高額サロンの勧誘

最近では、ニュースでも問題となっており、実際に消費者庁でも注意喚起されるほどの事例もあります。

仮に、被害に遭ってしまうと時間や労力、稼ぐために始めた副業が逆に損失を被る恐れがあるため注意が必要です。

正社員におすすめの副業7選!

ここからは正社員にもできるおすすめの副業を7つご紹介していきます。

正社員におすすめの副業7選
  • Webライター
  • 動画編集
  • Web制作
  • Webエンジニア
  • せどり・物販
  • アフェリエイト
  • 翻訳

それでは、順番に解説をしていきます。

Webライター

まず、最初におすすめするのがWebライターです。

WEBライターの仕事は、インターネット上で記事を執筆するライターのことで、様々なジャンルを読者にわかりやすく伝えていきます。

最近では、始める人も多く人気のジャンルです

文章を書く事が好き、SEOなどの知識があれば、比較的、簡単に稼ぐことができます。

WEBライターは、インターネットの普及に伴い、Web媒体の需要が増えて今では、とても重宝される仕事です。

副業だけではなく、ゆくゆくはフリーランスとして独立することも可能なため、独立を考えている人は、はじめてみるとよいでしょう。

動画編集

2つ目が動画編集の仕事です。

動画編集の仕事はYouTuberなどが撮影した動画を編集する仕事です。

編集は主に元となる動画の切り取りや効果音、テロップ、サムネイル画像、絵、図などの装飾をしていきます。

動画編集は想像以上に細かい作業が必要で時間がかかりますが、単価としても高めに設定されています。

そのため、スキルがある人はしっかり稼げるでしょう。

始めのうちはTikTokやInstagramなどのショート動画の編集を行い、スキルの向上をしながらYouTubeなどの長い動画編集を行っていくといいでしょう。

Web制作

3つ目がWeb制作です。

Web制作は、企業のホームページやサイトを制作する仕事です。ホームページの更新やリニューアルに伴う制作も行う事もあります。

個人的なサイトや制作ページ数が少ないサイトであれば、ひとりですべての作業を請け負うこともあります。

さらに規模が大きくなりプロジェクトに参画すると、ある程度分業して作業が進みます。

分業が多くなっているからこそ、単発の案件も多いのが特徴でWeb制作はパソコンさえあれば、在宅で行えるメリットがあります。

Web制作はインターネットの普及やこれからも伸びる事が予測できるため、案件がたくさんあります。

そのため、ある程度スキルが身につけば稼ぐ事も可能です。

ぜひ、Web制作を副業として始める事を検討している人はスキル習得を目指してみて下さい。

以下の記事では、未経験からWeb制作のスキルを習得するための方法を紹介していますのでご参考下さい。

Webエンジニア

4つ目がWebエンジニアです。

経験豊富なエンジニアほど収入が高くなる傾向があり、単発の開発・保守案件のほか、専門家としてコラム記事を監修する副業など、仕事の内容はさまざまです。

駆け出しの段階では、新しい技術を身につけられるなどといった収入以外のメリットも考えながら仕事を選ぶと良いでしょう。

せどり・物販

5つ目に紹介するのがせどり・物販です。

せどり・物販はリサイクルショップや中古販売店などで売れそうな商品を仕入れてそれを、メルカリなどで販売して、差額分が利益になる仕組みです。

よく「転売ヤー」と聞きますが、そのことを示します。

はじめに大量に商品を仕入れるための資金や保管場所などが必要だったり、仕入れるが在庫として残ってしまい損をしてしまうリスクがあるので注意が必要です。

さらに、梱包作業や配送手続きなどもあることを理解しておきましょう。

アフェリエイト

6つ目がアフィリエイトです。

アフェリエイトは、自分が運営しているブログ・ホームページ・SNSなどで商品を紹介し、ユーザーが商品ページをクリックし、商品を購入すると、報酬が発生する仕組みです。

アフィリエイトを始めるには、ブログやSNSなどの紹介する媒体を用意する必要があります。

ブログやホームページなどは自分で作成することも可能で、一般的に多くの方が利用しているのが「WordPress」です。

WordPressは簡単な設定ですぐに始める事ができるためおすすめです。

以下の記事ではサーバー契約からWordPrseeの始め方について解説をしていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

翻訳

最後におすすめするのが翻訳の仕事です。

翻訳は、英語やイタリア語、中国語、韓国語などの映画や本・書類などを日本語に直すことや、日本語から外国語に翻訳する仕事を行います。

副業初心者におすすめの仕事であることや在宅ワーク可能な仕事のため、スキルを活かせる仕事をしたい方はぜひ、検討してみるといいでしょう。

初心者におすすめの翻訳の副業は、出版翻訳です。出版翻訳は、海外で出版された書籍や雑誌などを一定期間かけて1冊の本を読み、翻訳していく仕事です。

なかでも、リーディングは初心者におすすめで、原書を読んで本の内容をまとめ、感想文を書いていきます。

全文を翻訳するわけではないため、ハードルが低く始めやすいです。

自分にあった副業を見つけ挑戦をしてみよう!

ここまで、正社員におすすめの副業を7つ紹介してきました。

人によっては得意分野や副業を行える時間が違ってくるため自分にあった副業が異なります。

そのためこれから副業を始めようと考えている方はまず、自分に合った副業が何か、興味がある仕事は何かを考えてから始めるとスムーズに始める事ができるでしょう。

@Sho_Ceed

コメント